チェコのプラハのフランツ・カフカの小説です。
『変身』は、非常に有名ですが、『審判』『城』は、それほど知られていません。
面白いのですが、分量が多くて、読む時間がないという方が、多数かと。
主人公が、理由が分からず逮捕され、裁判にかけられる。
そして、絞首台へと送られるという、恐ろしい物語を、ユーモラスに書いた作品です。
裁かれる理由が書かれない。意図的に書いていない。なぜKは、裁かれたのだろうか?

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【裁きの理由】審判 なぜ私は裁かれているのだろうか?

一人を殺せば殺人者、百万人を殺せば英雄、全ての人間を殺ろし者、彼は何と呼ばれるのか?どのように扱われるのか?彼にどのような罪があるのか?どのような罰を与えるのか?

このまとめを見る