――わしは思うんだが、これらの言い分はみなそれ自体として正しくはあるが、彼がこういうことを持ち出すやりかたは、彼のとらえかたが単純さと思い上がりとによって曇らされているということを示すものだ。

出典『審判』フランツ・カフカ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【裁きの理由】審判 なぜ私は裁かれているのだろうか?

一人を殺せば殺人者、百万人を殺せば英雄、全ての人間を殺ろし者、彼は何と呼ばれるのか?どのように扱われるのか?彼にどのような罪があるのか?どのような罰を与えるのか?

このまとめを見る