1. まとめトップ

アニメ都市伝説まとめ

ルパンやポケモン、ジブリ、進撃の巨人、ワンピース、マリオなど複数のアニメについての都市伝説をまとめました。

更新日: 2019年12月12日

1 お気に入り 17930 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

MiToTuさん

ポケモンの世界は未来を表している?

独創的な世界観ゆえ謎が多く、都市伝説が絶えない本作だが、近年、衝撃的な一説が浮上した。

なんと「ポケモン」は単なる創作アニメではなく、未来の現実世界を描いた作品だというのだ。

「ポケモン」の世界では、多種多様なポケモンと人間が共存している。

ポケモンと人間以外の虫や動物などの生き物は登場しない。

一説によると、ポケモンは元々は動物だったが、戦争による放射能の影響で、形状が変化した生物だというのだ。

また、他の説では、ポケモンは人間による品種改良で人工的に造られた生物と語られている。

ポケモンは、現代の生物の成れの果て…。

確かに、動物や昆虫に似たポケモンもたくさんおり、あながち的外れな考察ではないでしょう。

「ポケモンの世界は現代の未来説」が浮上したのは、、、

http://irohanihoheto-labo.com/?p=936

笑うせえるすまんの37話があの騒動と酷似

藤子不二雄の『笑うせえるすまん』は大人の寓話と言われるアニメで、

面白いだけでなく人生の教訓を伝えてくれるストーリーで絶大な人気を誇っています。

37話『ブルペンエース』(1990年放送)

には、メンタルが弱くてお酒に頼ってしまうプロ野球選手が登場します。

1軍に上がるまでは絶対に禁酒したい!という彼に、

『笑うせえるすまん』が『心が乱れない帽子』

を渡します。

しかし、あと1歩のところで1軍に上がれるという大切な時に、お酒を飲んで失敗に終わります。

そしてこのプロ野球チームの名前が

『TOKIO』

だったの、、、

http://irohanihoheto-labo.com/?p=1488

ジョジョの奇妙な冒険は9.11を予言していた

累計発行部数1億部を超える、超人気コミックスのTVアニメ化シリーズ「ジョジョの奇妙な冒険」。

特徴的な作画と迫力あるバトルシーンが人気の本作。

しかし、このアニメにも不思議な都市伝説がいくつも存在している。

中でも、特に衝撃的だったのが

「作中に9.11を予言する描写がある」という逸話だ。

予言が描かれたのは、”ボインゴ”が初登場する回。

「マンガを通して未来が見える」

特殊能力を持つボインゴは、ある日その能力を発動させた。

ボインゴが見たマンガには、驚くべき内容が描かれていた。

それを表しているのが下記の画像だ。

http://irohanihoheto-labo.com/?p=939

はぐれメタルの生まれ方

はぐれメタルといえば、なんだかどろっと溶けてしまったような容姿が特徴敵ですよね?

でもなぜあんな容姿になってしまったのでしょうか?

実は、はぐれメタルは、その昔メタルスライムだったらしいのです!

メタルスライムは群れで行動していたのですが、そこからはぐれてしまったので、はぐれメタルと呼ばれるようになったそうなのです。

はぐれメタルは、群れからはぐれてしまって、自分の姿を確かめることができなくなり、やがて元の形がわからなくなってしまった成れの果てなんだそうです。

なんだかかわいそうなはなしですよね。

群れに戻ったら原型を取り戻せるんでしょうか?

気になるところです・・・。

ちなみに、同じ理屈でバブルスライムも元々は群れからはぐれたスライムでした。

しかし、形がわからなくなり、草原で草ばかり、、、

http://irohanihoheto-labo.com/?p=1330

赤いギャラドスの誕生秘話

ポケモンのキャラクターにギャラドスがいる。

コイキングから進化することで知られており、初代ポケモンから活躍しているポケモンだ。

ほとんどが青色をしているのだが、中には一部赤色をしたギャラドスも存在する。

何故赤色が存在するのだろうか?

そこには悲しい物語が隠されているのだ。

都市伝説では、コイキングは食用として用いられていたとされている。

食糧難などの場合のエサとして重宝されていたのだ。

食糧難の時はコイキングは大事な食料源だったので感謝をされていた。

その後食糧難が終わり、食料に余裕が生まれてくると、コイキングは次第に邪魔な存在になっていった。

中には増えすぎたコイキングを処分してしまう動きも加速したのだ。

そんな中、1匹のコイキングがギャラドスに進化し、人々を襲うことになる。

その時に浴びた返り血によって真赤になったとされて、、、

http://irohanihoheto-labo.com/?p=1359

となりのトトロの原作は死後の世界で地獄巡りをする物語

となりのトトロの都市伝説となった原作小説は「隣のととろ」と呼ばれている。

この小説は、簡単に言うと、サツキとメイが死後の世界で「地獄巡り」をするという恐怖小説となっている。

アニメーションで描かれているトトロは、どこか愛らしい姿や形をしている。

しかし、都市伝説の原作で登場するトトロは、「胃がひっくり返るほどすさまじい臭いを発しており、ずんぐりむっくりで近寄りがたい形相をした化け物」と表現されている。

これは大きな違いがあると感じるのではないか。

都市伝説の原作小説では、トトロは近寄り難い化け物という扱いになっているのだ。

そして、死神という設定になっており、死んだ人間にしか見えないものである。

小説版の物語は、壮絶な内容となっている。

田舎へ引っ越してきたのは良いが、村社会が広く蔓延していた場所だった関係で、一家は迫害を受けることになる。

その迫害により、母親が死亡。

父親は酒に溺れ、娘に暴力を振るうなど荒れた生活をしていた。

その生活に耐え切れずにメイが「お母さんに会いにいく!」と言って笑いながら自殺をしてしまう。

サツキはあの世へ行ってし、、、

http://irohanihoheto-labo.com/?p=1376

ワンピース ナミは古代兵器

『ONE PIECE』(ワンピース)といえば、『週刊少年ジャンプ』に連載されている大人気漫画です。

夢と冒険と友情の物語は、子供たちだけでなく大人も夢中にしている作品です。

主要人物のひとりナミについて

『ナミは古代兵器である』

という都市伝説がささやかれています。

ワンピースの世界では、3つの古代兵器、

プルトン、

ポセイドン、

ウラヌス

が世界を滅ぼすとされており、ナミはその中のウラヌスではないかという説があります。

ウラヌスは天空の神なので、

航海士のナミに天候を、、、

http://irohanihoheto-labo.com/?p=1514

ルパン三世 ルパン達は銭形警部の妄想?

ルパンたちはアニメの1期で早々に死んでしまっているという都市伝説だ。

では、それ以降登場しているルパンたちは一体何者なんだろうか?

投獄されてそのまま死刑になっているルパンたち。

しかし、彼らを追いかけることが生きがいだった銭形警部はその事実を受け入れられず、「夢」を見ていて、その内容こそが視聴者の知る『ルパン三世』なのだ。

銭形警部にとってルパンは捕えるべき対象でもあるが、それ以前に大学の後輩という設定が実際にある。

もしすべてが彼の夢だと、、、

http://irohanihoheto-labo.com/?p=933

マリオブラザーズ ブロックの正体は?

子どもの頃にスーパーマリオのゲームを楽しんだ人も多いのではないでしょうか。

親しみのあるマリオの世界にも、恐ろしい都市伝説が存在しています。

マリオが上を走ったり、コインを得るために叩いたりするブロックは

『元人間』

だったというのです。

キノコ王国の人たちがクッパの魔法でブロックにされたものらしいのですが、

これは任天堂の『スーパーマリオブラザーズ』の取扱説明書にも書かれているということです。

何気なくAボタンを押し、

ジャンプでブロックを破壊していた人にとっては衝撃の都市伝説のひとつではな、、、

http://irohanihoheto-labo.com/?p=1523

ホーンテッドマンション

幽霊をモチーフにしたこのアトラクションには、本物の幽霊も登場しているかもしれません。

ホーンテッドマンションを体験した人に行ったアンケートに、

廊下の先にいる少女の仕掛けがリアルだったなどの回答が多くあったのですが、

実際には配置していないものでした。

閉園後のチェック時に、誰もいないはずのホーンテッドマンション付近から、

うめき声や、、、

http://irohanihoheto-labo.com/?p=1458

1 2