1. まとめトップ

【悪夢から覚めた後も悪夢】ドグラ・マグラ 角川文庫の表紙は、流石にどうかと思う

人類の歴史を一夜の夢として描く。不治の病、伝染病、想像を絶する苦しみの後、一夜にして死ぬ、"人間"に犯された男の娘の夢として。

更新日: 2019年11月11日

3 お気に入り 473 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

そうだ・・・これは夢だ・・・また悪夢を見ているに違いない・・・。お願いゆるして!悪夢なら覚めて!

koitate2016さん

人生で最も大きい苦痛は、夢から醒めた時、行くべき路がないことです

出典『ノラは家を出てどうなったか』魯迅

日本の三大奇書の一つです。文学に興味がない方でも、名前は聞いたことがあるかと。
夢ばかりみる人間、夢野久作の作品です。
ファイナルファンタジーシリーズの三姉妹の、名前の由来でもあります。
九州帝国大学医学部精神病科に、閉じ込められた一人の男の物語です。
中盤に胎児の夢についての描写があり、非常に興味深く読めた。
ドイツの生物学者、エルンスト・ヘッケルの反復説を元にしています。
エルンスト・ヘッケルは、生物学を勉強した方は、ご存知かと。
様々な生物についての、美しくそれでいて恐ろしい絵を描いている方です。

知らない人ー あと瓶詰地獄とかの人だー 中二でドグラ・マグラに手を出した人は多そうな気がするw 三大奇書では黒死館は読みました 私にはミステリーとしては面白く無く、読み難いだけでした 雰囲気は良いのに 当時のミステリーでは甲賀三郎さん、大阪圭吉さんがお気に入り 文アルこないかね… pic.twitter.com/IrqfAgZSFz

「親ねこ」の「おなか」を開いて「子ねこ」達を「おなか」に「セット」するんだ すでに存在する子ねこを親ねこのおなかに詰める作業 このシステムなら無限に出産と妊娠遊びが可能というわけ 子ねこが先か、妊娠が先か、この世は本当に現実なのか 無限ループ ドグラ・マグラかな? #ねこ産んじゃった pic.twitter.com/8e8icgRdk4

秋といえば、私は読書の秋。 今年の春頃から少しづつ読み進めていた、夢野久作先生のドグラ・マグラは6割位読み進めた。 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃんの2巻、早く読みたい。 (˶ ̇ ̵ ̇˶ )皆のオススメの本(ラノベも好き)はありますか? pic.twitter.com/3sRQOLIVCL

胎児よ
胎児よ
何故躍る
母親の心がわかって
おそろしいのか

出典『ドグラ・マグラ』夢野久作

『人間を神様以上のものと自惚れさせた』
これが脳髄の罪悪史の第一ページであった。
『人間を大自然界に反抗させた』
これが、その第二ページであった。
『人類を禽獣の世界に逐い返した』
というのがその第三ページであった。
『人類を物質と本能ばかりの虚無世界に狂い廻らせた』
というのがその第四ページであった。
『人類を自滅の斜面へ逐い落した』
それでおしまいであった。

出典『ドグラ・マグラ』夢野久作

その大真理なるものは、それが余りに簡単で、平凡であり過ぎるために、却って誰にも気付かれなかった程の驚異的な大真理であった。

出典『ドグラ・マグラ』夢野久作

夢というものは昔から不思議の代表と認められているので、少しでも意外な事に出会うと、直ぐに「これは夢ではないか」と考えられる位である。実物とすこしも違わぬ森羅万象が見えるかと思うと、想像も及ばぬ奇抜、不自然な風景や、品物がゴチャゴチャと現われたり、その現われた風物に、現実世界に於ける心理や、物理の法則が、その通りに行われて行くかと思うと、神話、伝説にもないような突飛な法則によって、その風物が行きなり放題に千変万化したりするので、その夢の正体と、そうした夢の中の心理、景象の変化の法則については古来、幾多の学者が、頭を悩まして来たものである

出典『ドグラ・マグラ』夢野久作

そもそも夢というものは、人間の全身が眠っている間に、その体内の或る一部分の細胞の霊能が、何かの刺戟で眼を覚まして活躍している。その眼覚めている細胞自身の意識状態が、脳髄に反映して、記憶に残っているものを吾々は「夢」と名付けているのである。

出典『ドグラ・マグラ』夢野久作

真実の時間というものは、普通に考えられている人工の時間とは全く別物である。むしろ太陽、地球、その他の天体の運行、又は時計の針の廻転なぞとは全然無関係のままに、ありとあらゆる無量無辺の生命の、個々別々の感覚に対して、同時に個々別々に、無限の伸縮自在さを以て静止し、同時に流れているもの

出典『ドグラ・マグラ』夢野久作

仮りに或る人間が一つの、罪を犯したとすると、その罪は、如何に完全に他人の眼から回避し得たものとしても、自分自身の『記憶の鏡』の中に残っている。罪人としての浅ましい自分の姿は、永久に拭い消す事が出来ないものである。

出典『ドグラ・マグラ』夢野久作

1