1. まとめトップ

『必見』この人も!?“いじめ”の経験をばねに人生逆転した芸人・有名人たち

いじめが深刻な問題になっていますが、 芸能人にも過去いじめられっ子だったことを告白している芸能人がいます。今では人生逆転で人気者になっている有名人をまとめてみた。

更新日: 2019年12月09日

1 お気に入り 28975 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

deepimpact44さん

白石麻衣さんのいじめについては、週刊文春によれば、中学1年生の頃からで、上履き隠しやノートに落書きをされるといった学生定番のいじめをされていたそうだ。

今や人気アイドルの指原だが、中学時代は不登校の時期もあったという。指原はその原因について「中学2年生の時に、『学校に来ないでください』っていう手紙が家に届いて」と明かし、「『だったらもう行くのやめよう』って思って。本当だったら悔しいから行くと思うんですけど、本当に嫌になってしまって、行かなくなった」と語った。

渡辺がいじめを受けたのは中学1年の2~3学期。同級生の複数の女子からある日突然、無視され始めた。首謀者は毎晩、話し込むぐらい仲良しだった生徒。「初めて人に裏切られた。人生最悪の経験」と振り返る。

デビュー当時、木村は千葉県内の高校でいじめにあっていた。

「嫉妬が原因だったようです。でも“芸能人”ということが足かせになり反撃できない。そんな息子の身を案じたお母さんは毎日車で送り迎えし、学校に何度も直談判しました」(当時の木村家を知る人物)

本人曰く、
『高校はいってすぐトークですべって以降、いじめが始まった・・』
と語っている。
『初日にすべって、2日目、学校いったら机が逆になってて・・
逆なってるやん!と明るく突っ込んだら南京ジョーが飛んできた』
というから驚きです!!

それでも、毎日明るくギャグを続けてはいじめられ、暴力を受けていたそう。

体育のマラソン中に大便を漏らした事件。彼はその際、クラスメートが見ている前で教師に服を脱がされ、身体を洗われたとのこと。さらに、“そのまんま”の汚いあだ名をつけれてしまったことで、それ以来、感情が消失し、笑うことができなくなってしまったそうです。

「僕にいじめっ子のイメージを持ってる方も多いと思います…まぁそれは個々の感想だから良いのですが…僕は、小3の頃にイジメを受けていました…」といじめ被害を告白。「ある日突然、クラス中に無視をされる恐怖を今でも鮮明に覚えています。でも僕は声を出せる方、いじめられてる事を訴える事ができる子供でした…」と明かした。

その戸田恵梨香さんが、いじめを経験したのは、中学生の時です
ささいな事から友人とすれ違いや誤解が生じていじめに発展しました。
ある日突然、7~8人からトイレに呼び出され、そのいじめの中心となっていたのが赤ちゃんのころから一緒だった幼なじみだったのが何よりもショックだったと語っています。

小学生のときに転校を経験した生駒は「そこからわたしの闇は始まったと思います。3年生ぐらいからクラスのスクールカースト(クラス内の序列や人間関係のランク付け)が出来上がって、わたしはその一番下の端にいたんです。そういう子たちはいじめっ子たちのターゲットにされやすいんです」といじめに遭っていたことを告白。

中学時代は女子全員にいじめられていたナダル。

授業中にナダルが手を挙げると女子が全員手を下げ、ナダルに当たると「いや、分かるやろそれくらい、挙げるまでもないわ。」「なんで手挙げてん。」などと言われたり、下駄箱の靴を隠されたりしていた。

きっかけは入学して間もないテストの時間。

遅刻してきた女子が全く緊張感がない感じで教師に言い訳していたので、それに腹を立てたナダルは「お前な、ええ加減にせえよ!皆お前のせいでめちゃめちゃ待ってんで!お前な、さっさと教室入れよ!」と一喝。

しかしその女子は女子内のリーダー格だったようで次の日からいじめが始まった。

「子供の時に、いじめられていて。時期も長かった」と斉藤。ある日、虫捕りに誘われた時のことだった。仲間に入れてもらったことがうれしく、30分前に現場に行ったが誰も来る気配はなし。しかし、「木の陰からザワザワって音がして。そこから11人が出てきて『お前が虫だ!』ってボコボコにされた」。

現在は、国民的な人気を誇る二宮さんですが、
意外なことに、幼稚園から高校まで、
いじめられていたというのです!
2006年、テレビ番組に出演された二宮さんは、その当時のことを振り返り、
何やってもおれのせいになっちゃってね。
物がなくなっても、なんかおれのせいになるし。
と明かされていました。

大島は「スタイリストになりたくて専門学校の体験にも行った。でも、私はいじめられっ子で、いじめっ子から『NSCに行けば?』って言われて、断れなくて行っちゃった」と芸人になりたかったわけではなかった

中学時代、小栗旬さんは役者での仕事が忙しく、授業にも出れない状態でした。それを恨めしく思ったクラスメートは小栗旬さんをいじめることになったそうです。

中学3年の後半、下校しようとすると下駄箱から靴が消えていたため、これまでのイジメ被害と合わせて泣きながら先生に話したところ、先生が新品の靴を渡してくれたと明かした。
しかし後日、中川は先生から「靴代を払ってくれないか」と言われ、人間不信に陥って不登校になってしまったとのこと。結局そのまま学校に行くことはなく、卒業式にも出席しなかったと暗い過去を振り返った。

1 2