1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

出世のチャンス…忘年会の幹事にはスキルアップの極意が詰まっていた

12月になると会社主催の忘年会が盛んに開催されますが、中には幹事に任命されて憂鬱なかたもいるのではないでしょうか?しかし、忘年会の幹事は日程調整や出席人数の調整、当日のタイムスケジュールの管理などなど、自身のビジネススキルをアップする絶好のチャンスです!

更新日: 2019年12月04日

7 お気に入り 6587 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■今年も忘年会の季節がやってきました!

年末になると仕事納めに合わせて、忘年会を開催する会社は多いのではないでしょうか

会社やサークルの忘年会では、普通の飲み会とは違って一年の締めくくりとして大事な会となります

■幹事を任されてしまって憂鬱…なんて人も

忘年会やだな〜〜若いのが幹事やれって言われてやだな〜〜

忘年会したい?って聞かれて、したいです!って答えたら、幹事を任されてしまった。やっぱりやりたくないですとは言えず……。

決めるの遅かった私が悪いけど、幹事死ぬほどやりたくない

■そもそも「幹事」って何をすればいいんだろう?

ただでさえ忙しい年末に幹事役に抜擢された人は、お店選び、スケジュール調整、会費計算とやることが盛りだくさんで大変です

■幹事をソツなくこなせばアナタの評価も急上昇!?

一般的に、「幹事ができるやつは仕事ができる」と言われており、幹事として力を発揮すると、上司からの信頼を得たり、もしかすると今後の出世にも影響を与えるかもしれないのです

ただでさえ忙しい時期に余計な仕事が加わったようで気が重いかもしれませんが、ぜひ、プラス思考で名幹事をめざしてがんばってください

■改めて忘年会までの流れをおさらいしておきましょう

まず肝心なのが日程調整

飲み会幹事として日程調整をする際、まずは飲み会の主役や管理職の日程を優先して押さえよう

それぞれ仕事や他の用事との兼ね合いもありますので、忘年会を開く1ヶ月半前くらいからいくつか候補となる日程を決め、出席が予定される人たちにメール等で確認をとっておきましょう

人数が多い会社の場合には、社内で伝達事項を回覧させたり、Googleスプレッドシートを使用したりして、出欠を把握しておきましょう

なるべく早めに会場の手配を済ませる

幹事として最優先にしておきたいのは、いち早く会場を押さえること

人気のお店をねらっている場合や大人数の場合は、日程の空き状況を早い段階でお店に確認しましょう

1 2