1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼11月に公開された

『バットマン』の悪役として知られるジョーカーが、いかにして悪のカリスマとなったのか。この映画ではその前史が描かれている。

社会から疎外された主人公アーサー・フレック(ホアキン・フェニックス)が、「人並みの幸せ」を手に入れようと悪戦苦闘した末に絶望し、血なまぐさい暴力とアジテーションの虜(とりこ)になっていくさまを描いています。

ヴェネツィア国際映画祭ではアメコミ映画として初の金獅子賞を受賞しており、アカデミー賞では過去最多の16部門ノミネートを果たした。

映画「JOKER」見てきた。衝撃的な作品だったけど、すごくよかった。泣きながら、なき笑いながら見ました。辛かったw #JOKER #映画

▼そしてジョーカーを抑えて1位となったのは

ホラー作家であるスティーヴン・キングの名作小説を映画化し、全世界興行収入7億ドルを超えるヒットを記録した『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(17)。

そして続編となる

レイトショーでIT THE END観てきたよ。 ペニーワイズさん、たくさん驚かせてくるよねぇ。 pic.twitter.com/UePWGdu03c

様々な事情を抱える子どもたち“ルーザーズ(負け犬)クラブ”の面々が、バラエティ豊かな方法で惨殺していく、ピエロの姿をした超常的な存在“ペニーワイズ”につけ狙われながら、恐怖を克服するべく立ち向かうという内容。

ペニーワイズはそれから27年後、大人になったルーザーズ・クラブの面々を田舎町デリーに呼び戻し、復讐を果たそうとする。

土日2日間で動員18万5000人、興収2億7200万円をあげている。これは前作を大きく上回る数字で、2000年代以降に公開されたR15+指定のホラー映画としては最大のオープニング記録。

日本のみならず全世界65カ国で初登場1位を獲得しており、シリーズ累計の世界興収は10億ドルを超えている。

▼そんな2つの映画に共通するピエロと言う存在

日本では派手な格好とメイクをしている人のことを総称して「ピエロ」と呼ぶことが多いですが、厳密にいうとクラウン(clown)の中にある一部の役というのが正しいようです。

しかし中にはピエロが怖いという人いますよね

アメリカでは7人のうち1人は「ピエロ恐怖症」だと言われています。

メーキャップしたピエロを見ると、本来ゆかいなおどけものを象徴したそのキャラクターに対して極めて恐怖感を覚える病的な心理。

1 2