1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

経済界隈で「蓄電池」が熱視線を浴びまくってるワケとは

今、空前の蓄電池ブームが訪れようとしています。その理由とは?

更新日: 2019年11月12日

6 お気に入り 3997 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しました。

PINKMOMOさん

■蓄電池

大容量の蓄電池を導入すれば、停電時でも10時間以上使用することができるタイプの蓄電池も

現在使用されているおもなものとしては,鉛蓄電池,ニッケル-カドミウムやニッケル-水素のアルカリ蓄電池,またリチウムイオン電池がある

■この蓄電池が熱視線を浴びている

高価なイメージもありますが、国や自治体からの補助金制度や、リース、レンタル、小型の蓄電池なども発売され、ひと昔前より導入しやすくなってきています

住宅向けの蓄電池の需要も伸びると見込まれ、メーカー各社が新たな製品の開発や販売に力を入れています

■新たな商品が次々と開発され世に送り出されてる

シャープは「CEATEC(シーテック)2019」(2019年10月15~18日、千葉市・幕張メッセ)に出展し、2019年10月に発表した「住宅用クラウド蓄電池システム(JH-WBPB6150)」を披露

電気自動車を手がけるTeslaの日本法人テスラモーターズジャパンは10月15日、家庭用蓄電池「Powerwall(パワーウォール)」を2020年春頃に日本国内で販売すると発表

ハイブリッド発電システム『EGGS』株式会社エネテクは、2019年11月5日、ハイブリッド発電システム『EGGS』の商品化を決定したと発表

■導入する自治体も

宮崎県国富町とソーラーフロンティア(東京都港区)は10月23日、台風・地震など非常時の電源確保を目的に、太陽光発電システムを町内4カ所の避難所に導入するプロジェクトを立ち上げると発表

岩手県久慈市の公共施設の場合 東日本大震災からの復興のために、公共施設の「電力見える化システム」を導入、その一部として、太陽光発電設備と蓄電池設備を取り入れることに

家庭用蓄電池の普及が一定ラインを超えた場合、日本全体の災害対応の概念そのものが大きく変わる可能性がある

■各家庭にも普及しつつある

うちの家は発電機と蓄電システムあるし組み立て式簡易トイレとか非常食、ガスコンロ、ボンベ等が家、車2台にそれぞれ置いてあるから家と車が無くならない限り大丈夫だと思うけど無くなったら終わりだよね……停電したって言ってたし心配……

昨日は電車止まってお兄ちゃん会社行けないし、近所のイオン開かないし、近所の家は停電してエアコン使えなかったり外装壊れたり散々だったけど、うちはマンションだから蓄電システムで1分内には復旧するから、家の中にいる分には全然大丈夫でした! 心配して頂いてありがとうございました

停電20時間。災害対策に導入した太陽光自家発電&蓄電システムのおかげで、我が家は「ちょっと節電しよ~」位で済みましたが、ご近所さん達は冷蔵庫の中身が壊滅したり、暑さで具合が悪くなったりと大変な事になっている。救急車の音がひっきりなし 備えは大切。

今後の防災用品として、と家庭用蓄電池買った!小さいやつだけど

がりべんさんから教わったテスラの家庭用蓄電池。一通り読んだけどこれ、ヤバいやつだ。欲しすぎてたまらない。エネファームよりこれがい… twitter.com/garibenz/statu…

■需要増の背景にあるのが「災害」

1 2