1. まとめトップ

【初めての新宿二丁目】安くて楽しいゲイバー・オカマバー特集

アジア有数のゲイタウン・新宿二丁目に初めて飲みに行くときにお勧めなゲイバーやオカマバーをまとめてみました。飲み放題やノンチャージなお店ばかりですのでリーズナブルに楽しむことができます。初めて新宿二丁目に行く時の参考にしてみてください! #新宿二丁目 #2丁目 #ゲイバー #オカマバー #初心者

更新日: 2019年12月18日

3 お気に入り 7399 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「新宿二丁目」ってどんな場所??

いまや言わずと知れた、セクシャルマイノリティーが集う街「新宿二丁目」。アジア最大のゲイタウンとも呼ばれています。

「〇曜から夜更かし」や「〇ンデー〇ャポン」などテレビ番組で取り上げられることも多い新宿二丁目。アジア最大のゲイタウンと言われる街ですが、新宿駅からはそれなりに距離があるため、通りかかる機会はあまりないかもしれません。

新宿と言えばアルタや伊勢丹やマルイがあるのが新宿3丁目。その横にひっそりとあるのが新宿二丁目です。JR新宿駅からだと徒歩で約10分ほどかかります。意外と遠いんです。最寄り駅は東京メトロ丸の内線の新宿御苑駅や都営新宿線の新宿三丁目駅になります。

新宿二丁目は半径約200mという非常に狭い地域です。この狭い場所にゲイバーやオカマバー、レズビアンバーなどセクシャルマイノリティなお店が約350店も密集しています。世界広しといえどもこれだけお店が密集しているのは新宿二丁目だけといっても過言ではありません。

一昔前までは女性やノンケ(異性愛者)が利用できないお店が多かったですが、ここ最近は老若男女、セクシャリティ問わず利用できるお店が増えてきました。楽しく飲めるお店が増えたのは素敵なことですね。

新宿二丁目で遊ぶ時のマナーやお作法

男女ともに、自分から楽しむ姿勢で店に来る事が大切。楽しませてもらおう、という姿勢では店側も迷惑。

我が物顔でゲイバーに居座る人は、あまり好かれないかも。あくまでもLGBTの街ということは忘れてほしくないです

セクシャリティや年齢に関係なく飲みに行けるようになった新宿二丁目ですが、やはりそこはゲイタウンです。他の場所(新宿二丁目以外)で飲んでいる時と同じ飲み方をするのではなく「ゲイファースト」を心がけるようにするといいかも。特にノンケの女性が大きな声で騒いでいるのはあまり好まれません。お酒を飲みすぎて潰れるのはもってのほかですよ。

「必要以上に大声で騒ぐ」「一ヶ所に座っていられず勝手に移動する」「ナンパをする」のは絶対にやってはいけません。二丁目のお店はどのお店もお店のコンセプトがあります。自分の家で飲んでいる訳ではありませんので節度をもって楽しみましょうね。

店内での撮影並びにSNS等への投稿
性的マイノリティーのお客様にも社会的な立場もあれば、カミングアウトをしていない方も多いいので必ず本人と店の許可を得るようにお願い致します。

はじめて新宿二丁目に飲みに来たからスマホで写真をとってSNSにアップしたい!、と思って写真を撮っているそこのあなた。気をつけてください。

あなたと友人だけが写っているのであればいいんじゃないの?と思っているかもしれませんが、周りの人はそうは思っていません。写真を撮っている姿をみて「もしかしたら自分が写っているのでは?」と思ってトラブルになることも結構あるのです。写真を撮る時は必ずお店の人に許可をとってから撮影しましょうね。撮影のOKがもらえても、他のお客さんが映りこまないように注意して撮影しましょう。

撮影した写真はSNSにアップ!アップする時にはお店の名前や楽しかった感想をハッシュタグにするとお店の人に喜ばれるのでは!?

来た時よりも美しく

「儲けるためにはルール無視」「散乱するごみは無責任で自己中心的な人間の具現化でもある」「清掃職員はこうした人間の醜さを寛大に受け止め、それにふたをするがごとく、無言でごみを回収している」

LGBTQが様々なメディアで取り上げられることによって、様々な人がくるようになった新宿二丁目。住民以外の人が大勢くるようになると問題になること、それはゴミ問題です。新宿二丁目は日本全国の中でも最もゴミ問題が酷い地域です。

お店のゴミ出しマナーの悪さもありますが、最近目立つのがお店に入らないでコンビニなどでお酒を買って路上で楽しむ人たち。お店に入って遊ばないことが悪いことではありませんが、お酒を飲んで酔っ払うと缶やビン、吸い終わったタバコを平気な顔で路上に放置していく姿をよく見かけます。

自分の家の前にゴミがいっぱい捨てられていたらいい気持ちはしないですよね。自分が楽しんだ場所を汚すようなことをせず、「来た時よりも美しく」という気持ちで遊ぶようにしましょうね。

新宿二丁目のゴミ問題に”青いサンタ”が立ち上がる!?「二丁目海さくら」がスタート

平日と週末の新宿二丁目の楽しみ方

新宿二丁目はゲイバーがメインなだけで基本的には普通の繁華街とかわりません。なので週末の金・土・日曜日の21~22時に一番賑わいをみせます。

やはりお客さんが多いのは金曜日、土曜日の夜。新宿二丁目のお店は初めて会ったお客さん同士でも、仲良く会話ができるようにお店の人がリードしてくれることが多いです。他のお客さんともコミュニケーションがとりたい!と思うのであれば週末に遊びに行くことをお勧めします。自分とは異なった職業や立場の人と会話をすることで自分の世界が広がると思いますよ。

時には新宿二丁目のお店で知り合ってお付き合いして結婚まで行くケースもあるんです!新しい出会いを求めている人にはチャンスがあるかも?

それでは平日はつまらないの?というと平日は平日の良さがあります。週末はたくさんのお客さんが来店されていて、お店の従業員さんとゆっくりお話しができないこともしばしばあります。でも平日であればゆっくりお店の人とお話をすることができるはず。

新宿二丁目の従業員さんは経験豊富で色々なことを知っている人ばかり。恋愛相談に仕事や人間関係の悩み、性生活で困っていること(?)など大抵のことであれば答えてくれるはずです。はじめは週末に遊びに行っていた人でも、平日の雰囲気が好きになって平日しか行かなくなる人もいるようです。

ゆったりまったりと二丁目を楽しみたいのであれば平日に遊びにいきましょう。

ぼったくられたりしません?

新宿近辺で飲むとなれば歌舞伎町が思い浮かびますが、女性だけで行くのはやはり怖いイメージがあります。新宿二丁目は女性だけで行っても安心感があり、一度行ってからハマりました。料金もさほど高くないですよ。

新宿で初めてのお店で飲むときに気になることといえば料金ですよね。新宿で飲み屋というと「ぼったくられないかな?」と心配になる方も多いと思います。結論からいうと新宿二丁目でぼったくりバーは存在しないと思います。新宿二丁目ではちょっとしたことでもすぐに噂になっちゃいます。あるお店がぼったくりなんてしたら、すぐに噂になって営業できなくなっちゃいます。初めてのお客さんでも安心です。

もしもどうしても心配な場合には飲み物を聞かれた際にメニューを見せてもらってください。価格が明記されているメニューが無いようなお店は信用できませんのでやめたほうがいいと思います。

1 2 3