1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

SK21さん

▼こんな情報が・・・

日銀のマイナス金利深掘り観測で注目を集める銀行の口座維持・管理手数料を巡り、金融庁内に容認論が浮上している。ある幹部は、サービスの対価として、銀行が預金口座ごとに手数料を徴収するのは自然なことだという。

▼日銀があと1年、緩和政策を続けてマイナス金利を深掘りすれば、

収益環境が厳しさを増す地銀は、収益源の確保が急務となっている。口座を維持・管理するための手数料は「のどから手が出るほど欲しい。日銀がどんどんマイナス金利を深掘りするなら導入もやむを得ない」(同)と話す。

▼金融庁からは銀行は口座維持手数料を取るべきだとの声が出ている。

ある幹部は「銀行業はサービス業。サービスの対価として銀行口座の利用料を取るのは自然なことだ」と強調、自行だけ先んじて動けない銀行の横並び意識に懸念を示している。手数料の導入は、利用者の厳しい目線に銀行をさらすことになるため、むしろ銀行のサービス向上につながるとの認識だ。

一言コメント

マイナス金利で経営環境が厳しいからと一見もっともな意見ですが、そうであれば経営内容をを公開し説明する必要があると思います。

要は、行員一人当たりの給与が中小企業の給与と比較して低いとなれば、同意する方も出てくるかも知れません。給与は、高給でこのような話が出れば総スカンな話ではないでしょうか?

1