1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

tonkatudjさん

ペスト

ペストはペスト菌による感染症で、ヨーロッパで大流行が繰り返され、皮膚が黒くなって亡くなるため、「黒死病」として恐れられてきました。

現代では抗生物質のおかげで治療できる病気ですが、地域での流行がみられる国があり、毎年2,000人程度の患者が報告されています。

症状や感染経路で、腺ペストと肺ペストに分けられる。

・感染経路、臨床症状、治療について

腺ペスト:菌を保有するネズミなどのげっ歯類からノミを介して感染する。
肺ペスト:咳などによる飛沫感染でヒトからヒトに伝播する。腺ペストから続発する場合もある。

腺ペスト:リンパ節炎、敗血症等を起こし、重症例では高熱、意識障害などがみられる。

肺ペスト:高熱、急激な呼吸困難や咳、鮮やかな赤い色の泡立った血が混じった痰を伴う重い肺炎、強烈な頭痛、嘔吐。発症から24時間以内に致命的になりうる。

できるだけ早く抗生物質を投与することで治療できます。また、ペストの患者に接触した人には予防のために抗生物質を投与します。

北京で肺ペストが発生

中国・北京市の病院で、患者2人が肺ペストと診断された。病院のある区の当局が12日、ウェブサイトで明らかにした。肺ペストは発生こそまれなものの感染力が強く、治療を怠れば死に至る。

当局によれば、患者らは同国北部の内モンゴル(Inner Mongolia)自治区の出身で、現在は北京市内の病院で治療を受けている。

Twitterの反応

北京で肺ペスト発生って。。。朝からめっちゃ怖いニュースに震えてる ペストって、黒死病よね?? 歴史漫画とかで有名な不治の病。 子供の頃に読んだ歴史漫画の鳥人間(ペスト医師用マスク)、めっちゃ怖かったの覚えてるわ #肺ペスト pic.twitter.com/xF2A0i6bQi

ペストは天然痘と違って撲滅されきったわけではないんやな(世界に数箇所汚染地域が残っているらしい) ◆北京で肺ペスト発生 感染力強く致死性も afpbb.com/articles/-/325… @afpbbcomさんから

#肺ペスト #肺ペスト発生 復興感染、てやつかな? 一度は大人しくしていた感染症が環境の劣悪化などで再び猛威を振るう。 ペストがどれだけやばいかというと第一類感染症に分類されてる。これは全身から血吹いて死ぬエボラと同じレベル。 afpbb.com/articles/-/325… pic.twitter.com/ZbAkROmwna

#肺ペスト発生 貧困層が劣悪な居住形態で集中的に居住するようになると、昔のものと思われていた感染症が復活してきたように流行することがあり得る。今ネカフェから書いているが、多くのネットカフェ難民がいて、彼ら健康状態は気になるところ。中国の件は対岸の火事ではない。

@livedoornews 特定の国の入国を禁止しても、いずれはひろがって他の国から入る。 いろんな情報が出回る前に、厚労省などのHPでどんな病気か知っておくと振り回されないと思う。

中国では過去にはこんなことも

中国国営新華社通信によると、同国北西部の甘粛省玉門市で男性(38)が肺ペストに感染し、16日に死亡した。当局は同市内に隔離区域を設け、患者と接触した住民らを観察している。

患者と密接に接触した151人が観察の対象となっているが、今のところ症状が出たとの報告はない。英字紙チャイナ・デーリーによると、16日から9日間の予定で市内4カ所が隔離区域に指定され、3万人以上の住民が影響を受けている。

日本では

1 2