1. まとめトップ

高校入試の面接で印象に残っていること、好きな教科と嫌いな教科、将来の目標、長所や短所の答え方の例

高校入試の面接で印象に残っていること、好きな教科と嫌いな教科、将来の目標、長所と短所の答え方のポイントに関して書いてみました。

更新日: 2019年11月20日

1 お気に入り 678 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

denkiirukaさん

高校入試の面接で「印象に残っていることは?」と聞かれたら

部活です!
演劇部に入っていました。
先輩が全国まで後1歩という実績を残してから
劇団並みに食事制限をしたこともありました。
稽古はきつかったこともありましたが
公演前日に部員の心がひとつになった喜びは忘れられません。

文化祭の最終日ですね。
何ヶ月も前から準備して、テーマソングをつくって各クラスに教えに行ったりして、毎日遅くまであれやこれやと頑張って、まさしく青春と言う感じでした。
最後の日は涙が止まらなかったです。

「クラブ活動です!

私は中学校から高校の6年間長距離選手で、

毎日走っていました。

よい成績を残せ、また忍耐力を身につけました。」


といいことを言います。

生徒会副会長として生徒会活動した事です。
参考にならないかな?

それはそうと、躊躇無く居酒屋で文化祭の打ち上げ
をしていたのは今からだと考えられない事でしたね。

高校入試の面接においては定番の質問である「印象に残っていることは何か?」という質問の答え方はどうするべきか?高校の推薦入試や一般入試の面接では聞かれる可能性があります。これは当然中学生時代のことで、印象に残っていることを答えるわけですが、例文としていくつか引用を載せておきましたから、そういったもので参考にしていくと良いと思います。高校入試の面接では印象に残っていることを聞くのは定番ですけど、微妙に聞き方が変わる場合もあります。思い出に残っていることは何か?1番楽しかったことは何か?などです。そういったときにも基本的には高校入試の面接で印象に残っていることを聞かれたときと答え方は一緒で良いと思います。高校入試の面接で印象に残っていることを聞かれたら、例文としてはこういったものを参考にすると良いと思うのです。体育祭、文化祭、部活動、修学旅行など題材は何でも良いと思います。

高校入試の面接で「好きな教科と嫌いな教科は?」と聞かれたら

例えば、国語が得意科目だった場合、

回答例は、以下のようになります。


「私の得意科目は国語です。

幼い頃から読書が好きで、

色々な小説を読んできました。

本を読むと、想像力が広がるだけでなく、

多くの漢字や言葉を覚えられるので、

知識を更に深めることが出来ます。

そのおかげで、漢字の読み書きも得意で、

先日の漢字テストでは、

クラスで一位になりました」

例えば、英語が不得意な時の回答は

以下のようになります。


「私の不得意科目は英語です。

国語と文法が異なるし、

英単語を覚えるのにも

時間がかかってしまいます。

でも、休み時間に英語が得意な

友人から質問したり、

放課後一緒にお互いの苦手科目を

教え合ったりして、

少しでも早く英単語が覚えられるように、

予習と復習を欠かさないようにしています。

そのためか、先日の英語のテストでは、

今まで以上に良い点数がとれました」

人間だれしも不得意があるもの。

でも、面接の時には、

その不得意なものを

どれだけ頑張ったか伝えれば、

立派なアピールポイントに

なるんですよ。

人間は不得意だったり、

苦手なものから逃げる傾向があります。

でもそれに立ち向かっていく、という姿勢は、

面接官にきっと評価されるはずです。

そのため、不得意科目を答える時は、

克服するためにどんな努力をしているか、

そしてどんな結果が出たかを伝えると、

自分はどんな苦難も乗り越える、

諦めない人間です、

とアピールすることが出来るんです。

反対に、この科目が苦手だから、

諦めて他の科目でカバーした、

という答えは、

絶対言わないようにしましょう。

誰でも得意科目と苦手科目があると思いますけど、高校入試の面接で好きな教科と嫌いな教科は?と聞かれたらどのように答えるのが良いのか?これは重要です。好きな教科と嫌いな教科それ自体は何でも良いと思います。英語、数学、音楽、美術、体育などいろいろなものがありそうです。高校入試の面接では好きな教科と嫌いな教科というのは定番の質問です。ただ、科目と教科は何が違うのか?というと、教科というのは例えば国語が該当しますが、科目だと現代文とか、古典とかになります。つまり、大カテゴリーと小カテゴリーの違いということになります。中学生だと、ほとんど教科=科目になりそうですが、それが別になりそうなのは国語くらいでしょうかね?高校に行くと理科という教科は化学や物理、生物などの科目に分かれますが。中学生は理科として学んでいます。高校入試の面接で得意科目や苦手科目を聞かれたときには、好きな教科と嫌いな教科とほぼ同じ答えでも良いでしょう。変えても良いですけど、苦手=嫌いという人も多いと思いますから。高校入試の面接で好きな教科と嫌いな教科は何か?と聞かれたり、得意な科目と苦手な科目は何か?と聞かれたときには、同じ回答でも良いと思います。高校の推薦入試や一般入試の面接では得意科目や苦手科目に関する準備はちゃんとしておきましょう。

高校入試の面接で「将来の目標」について聞かれたら

高校受験で必ず聞かれる質問の1つとして挙げられるのが、将来の夢です。

まだ将来やりたいことが決まっていない人にとっては、これほど答えにくい質問はありませんよね。

でも、なぜ面接官がこの質問をするのか知っていれば、案外簡単に答えることができてしまいます。

そもそも面接官は将来の夢を質問することで、その学生の「興味関心の方向性」と「学習意欲」を確認しています。

でも、面接においては将来の夢について、そこまで具体的な答えは求められていません。

それでは、どこまで将来の夢について答えられればよいのでしょうか。

高校受験の面接では、ぼんやりと「人を助ける仕事がしたい」「英語を使う仕事がしたい」「自分の特技を活かせる仕事がしたい」くらいの曖昧な青写真を示せば十分です。

まずはぼんやりと、自分は「こんなことをする人になりたい」と考えることから始めましょう。

たとえば、将来の夢について考えたときに、人を助ける仕事をしたいと思ったとします。

そのように考えたら、次はどのような形で人を助けたいのか、どんな人を助けたいのか考えてみます。

障害に苦労している人、両親のいない子供、お年寄り、発展途上国の子供たち、助けを必要としている人はたくさん。

その中でも、自分はどんな人たちの役に立ちたいのか、ある程度絞り込めるでしょう。

このように絞り込みできれば、面接では「将来は発展途上国の子どもたちが豊かに暮らせるような支援をする仕事に就きたい」と伝えられます。

面接では、ただ将来の夢を面接官に伝えるだけでは、説得力がありません。

大切なのは、将来の夢を実現するためにどんな行動を起こそうと考えているのか示すことです。

たとえば、将来英語を使って海外で働きたいと思ったら、英語の勉強や海外旅行・海外留学・海外研修などの経験を積むと、夢を実現しやすくなります。

高校入試の面接で将来の目標を聞かれたら答え方はどうするべきでしょうか?将来の目標というのは割と定番かもしれません。将来とはいつのことか?というのは、高校卒業後、社会人になって以降などが考えられます。具体的な年齢などは想定しなくても良いと思いますけど、自分なりに将来の夢について考えておいた方が良いでしょう。高校入試の面接では将来の夢というのは割と聞かれる可能性が高いと思います。そして、自分なりの将来の夢に関して高校での生活を通じて何ができるのか?というのも考えていくと良いでしょう。高校生活の間にその夢の実現のためにできることを見出して、それを頑張っていきたいと言えばある程度評価される可能性が高いです。高校入試の面接の将来の目標に関してはそういった答え方が重要になります。将来の目標に関してはしっかりと考えたうえで、高校入試の面接に臨んでほしいのです。

「長所と短所」を聞かれたら特に短所の答え方に注意!

私の長所は頑固なところです。
何か1つやると決めたら、途中で投げ出すことなく
それを最後までやり遂げることができます。

そしてこれは私の短所でもあります。
一度やりたいことや目標が決まってしまうと、
なかなか意見を変えることができません。

私も少しずつ大人に近づいています。
高校3年間では自分の意見だけで判断せず、
先生や友達の意見を受け入れられる柔軟性を
見に付けたいと思っています。

上記はたまたま
長所も短所も「頑固」に統一しましたが、
これは別に分けてもかまいません。
大事な点は、短所の後に改善策を入れることです。

上記の例で言うと、
「高校に進学したら柔軟性を見に付けたい」
という感じでどう改善したいのかを述べています。
こういった一言を最後に加えると良いです。

ただ短所を述べるだけだと、
自分の欠点を教えるだけになってしまうので、
必ず短所も長所に変えてしまうような話し方を
心がけてください。

高校入試の面接で長所と短所を聞かれた場合には、短所の答え方に注意です。高校入試の面接では定番の質問ですが、短所の答え方はちゃんと考えないといけません。例えば優柔不断や心配性という短所は、言い方によっては慎重とか、そういう長所にも見えます。結局長所や短所というのは「物は言いよう」ということで、言い方次第で長所にも短所にもなるのです。どうせならば、短所は長所に聞こえるような言い方をすると良いと思います。だから、高校入試の面接で端緒として優柔不断や心配性について語るときには長所にも聞こえるような、慎重みたいな言い方をすると良いかと思います。長所に関しては負けず嫌いとか責任感が強いとかありますけど、それは短所に聞こえないように話しましょう。高校入試の面接で長所として負けず嫌いや責任感が強いというのも、言い方によっては短所に聞こえることがありますから。そこは注意をしないといけないのです。

1