1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

hinahashiさん

発売は2020年1月16日の予定。

本作は『6』までの主人公「桐生一馬」に代わり、新たに「春日一番」を主人公としたストーリーになっている。

新主人公の春日一番が、新たな舞台“横浜・伊勢佐木異人町”で仲間たちとともに成りあがり、巨悪を打ち砕くまでを描いた熱い人間ドラマを体験できます。

新作では荒川真澄役を中井貴一、組のNo2・沢城丈役を堤真一、無一文のナンバ役を安田顕が演じていることがわかった。

今回で7作目となる「龍が如く」とは

シリーズの全世界累計出荷本数は2018年時点で1,100万本に達している「セガゲームス」の看板ゲーム。

リアルに再現された箱庭(街並み)の中を自由に移動することができるゲームである。

リアルな街並み以外にも、多種多様にある武器や食料などのアイテム類や、バッティングセンターやUFOキャッチャー、パチスロなどの本筋とは関係の無いミニゲーム、キャバクラをシミュレートしたサブイベントなどで、より現実感を演出している。

スピンオフ作品やコラボ作品をはじめ、実写映画や実写ドラマ、舞台化などもされている超人気シリーズ。

▼龍が如く

2005年12月8日にPS2用で発売されたシリーズの1作目。

メインゲストとして、俳優の渡哲也、三原じゅん子、プロレスラーの藤原喜明が出演する。メイン以外にも、セクシー女優のみひろや、グラビアアイドルの愛川ゆず季、相澤仁美といったゲストが登場する。

以降の作品でも多数の俳優・タレントがゲスト出演することとなる。

親友と愛する女のために親殺し(組長殺し)の罪をかぶり、懲役10年の刑を終えて神室町に戻ってきた主人公「桐生一馬」は母を捜す少女と出会う。
その少女「遥」は、かつて桐生が所属していた関東最大の広域暴力団「東城会」から盗み出された、100億円の鍵を握るといわれ、様々なヤクザ勢力に狙われていた。

遥を守るために戦う桐生は、戦いの中で「人として生きることの意味」を見出すこととなる。

▼龍が如く2

2006年12月7日にPS2用で発売された。

『龍が如く』の1年後の話。今回は東京から大阪へと舞台が広がっている。

メインゲストとして、俳優の徳重聡、寺島進、舘ひろし、元プロボクサーでタレントの赤井英和が出演する。メイン以外にも、キャバ嬢役に麻美ゆま、松島かえで、夏目ナナ、セラピスト役に小泉彩といった4名のセクシー女優が出演する。

クレイジーケンバンドの「12月17日」がエンディングに「黒い傷跡のブルース」が挿入歌に使用された。

東城会と消えた100億円事件の1年後、堅気となった桐生一馬は、澤村遥と幸せな日々を送っていた。
しかし、弱体化した東城会吸収を狙う近江連合は関東進出へ向けて抗争の準備を着々と進めている。五代目会長である寺田行雄は桐生にこの危機を乗り越える相談を行った矢先に近江連合の凶弾に倒れる。

桐生は寺田の意思を引き継ぎ、東城会を救うべく神室町へと戻ってくる。
そして、抗争を阻止すべく寺田から託された書状を手に関西へと向かう。
平和的解決を目指したが、そこに「関西の龍」と呼ばれる近江連合直参郷龍会会長、郷田龍司が立ちはだかった。

そして東城会に秘められた過去の「語られぬ事件」。
26年の時を経てその復讐も同時に進行する。

▼龍が如く3

2009年2月26日にPS3用で発売された。

舞台として東京の神室町のほかに沖縄の琉球街も登場する。

メインゲストとして、シンガーソングライターの泉谷しげる、俳優の中村獅童、藤原竜也、お笑いタレントの宮迫博之、宮川大輔、THE 虎舞竜の高橋ジョージが出演する。
その他のゲストとして、セラピスト役としてファッションモデルの椿姫彩菜、キャバ嬢役としてファッション雑誌『小悪魔ageha』の7人のモデルが出演する。

本作の音楽は矢沢永吉で主題歌は「Loser」挿入歌に「時間よ止まれ」エンディングに「想いがあふれたら」が使用されている。

近江連合と東城会の抗争事件から数日後。

桐生一馬は狭山薫と別れ、沖縄で養護施設を営むため澤村遥とともに東京を発つ。
そして養護施設アサガオで孤児の子供たち8人と平穏な日々を送っていた。

しかし1年後、沖縄にある問題が押し寄せる。

米軍基地増加計画とリゾート開発計画。
それに関わる東城会と二人の政治家の存在。
市民の反対が増加する中、アサガオにも土地買収の問題が発生する。

土地の所有者である地元極道組織・琉道一家とのいざこざ。
それが徐々に国家規模の計画と繋がっていく。
しかし、大吾の力もあって事態はひとまず落ち着き、桐生たちにもまた平和が戻ってくる。

さらに1年後の2009年3月、琉道一家組長・名嘉原茂と、東城会六代目会長・堂島大吾が謎の男に銃撃され倒れる。

これにより止まっていた計画が再び動き出す。

そしてその犯人が風間新太郎にそっくりだったことに衝撃を覚える桐生。
そして頭を失った東城会では跡目と桐生復帰をめぐって幹部たちが抗争を繰り広げ始めていた。桐生は謎の男と事件の真相を確かめるため、そして沖縄やアサガオのため、一人で巨大な陰謀に立ち向かって行く。

▼龍が如く4 伝説を継ぐもの

2010年3月18日に発売された。

今作は従来の主人公である桐生一馬の他に、秋山駿、冴島大河、谷村正義の3人を加えた計4人の主人公が登場する。主人公ごとに戦闘のスタイルやサブストーリー、一部遊び要素の種類が異なり、それぞれの遊び方が楽しめるのが特徴である。

メインゲストとして、俳優の成宮寛貴、小沢真珠、沢村一樹、桐谷健太、遠藤憲一、北大路欣也が出演する。

その他のゲストとしては、矢口真里や落合福嗣が出演している。

また、キャバクラ嬢オーディションを実施し、オーディションに合格した7名をモデルにしたキャバクラ嬢が作中に登場する。

主題歌はZEEBRAの「Butterfly City」

舞台はアジア最大の歓楽街である東京・神室町。
時は2010年3月1日、深夜24時05分。

この街では日常茶飯事である二つの同時事件。

東城会系の弱小組織である金村興業のシマで起きたチンピラ同士の些細な抗争と発砲事件。
発砲事件で射殺されたのは東城会と親戚関係にある組織、上野誠和会の男だった。

事件の収拾に奔走する金村興業の若衆たちだったが、その最中に金村興業の組長が何者かに殺害される。
神室町ではよくある極道組織の小さな抗争事件だったが、それはある計画の伏線に過ぎず、事件を皮切りに露になる、野望を秘めた男たちの本性。金と権力、地位と名誉。剥き出しとなった欲望が、激しくぶつかり合う。

▼龍が如く5 夢、叶えし者

2012年12月6日に発売。

公式サイトにて本作の希望登場都市をアンケートし、札幌、名古屋、大阪、福岡に東京(神室町)を加えた5都市が登場する形になった。

複数の主人公が登場し、桐生一馬、秋山駿、冴島大河、そして新たに登場した品田辰雄と、これまでのシリーズを通して登場していた澤村遥の5人で構成されている。

メインゲストとして、俳優の哀川翔、大東駿介、片瀬那奈、吹越満、奥田瑛二が出演する。

その他のゲストとしては川越達也や島田秀平、すしざんまい社長の木村清や串かつだるま社長の上山勝也などが出演している。

主題歌はGOSPELS OF JUDASの「Bloody Moon」

2010年3月、東城会と上野誠和会の抗争事件は警察上層部の陰謀を暴く意外な形で終結した。

東城会六代目会長・堂島大吾はこの一連の事件の後、東城会の若返りを推進し、最大の懸念であった近江連合と五分の盃を交わすことで、盤石な体制を築きつつあった。
しかし、時は流れ2012年12月、七代目近江連合会長の危篤の凶報が届く。

近江七代目の死は東城会と近江連合との均衡を破り、「東西全面戦争」へと発展する。

急遽、組織の強化を迫られた東城会は、福岡・札幌・名古屋各都市の組織と手を組むという禁断の決断を下すが、全国の極道組織を巻き込んだ一大戦争計画は「一人の男の死」によって、始まろうとしていた。

東城会という大きな山が動くことで、方々に散った「眠れる男」たちは、自らの信念、そして一人の少女の「夢」のために、再び目を覚まし、戦いの渦へと飛び込んでいく。

1 2