1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●視力回復術で注目を集める「ICL」

近眼の人にとっては、眼鏡もコンタクトもなしで過ごせるというのは、夢のような話。その夢を叶えてくれるのが視力回復術

過去に一大ブームとなった視力矯正手術「レーシック」も、最近はメディアで話題にのぼることはめっきり減った。

●そもそも「ICL 」とは?

ICL(アイシーエル)は、小さなレンズを目の中に移植(インプラント)して近視や乱視を矯正し、

・「屈折矯正手術」のひとつ

専門的には「フェイキックIOC」とも呼ばれる方法で、点眼麻酔をした後3ミリほど角膜の縁を切開し、

眼の茶色い部分(紅彩)と水晶体の間にソフトコンタクトレンズのような薄い眼内レンズを移植する。3ミリの縁から細く折りたたまれたレンズを挿入すると、眼内でゆっくり広がる仕組みになっている。

・世界各国で薬事承認されているという

ICL(アイシーエル)自体は、20年以上の歴史があり、現在ではヨーロッパ諸国、アメリカ、韓国、中国など世界各国で薬事承認されています。

レンズの累計枚数は600,000枚に達する、世界で広く認知・承認されている安全な視力矯正手術です(2010年 厚生労働省承認)。

日本でも国内治験の結果からICL(アイシーエル)の有効性と安全性が認められ、

高度管理医療機器「有水晶体後房レンズ」として2010年には近視矯正用レンズが、2011年には乱視矯正も行えるトーリックレンズが厚生労働省から承認を受けています。

●レンズメーカー推奨の「ICL」適用年齢は?

レンズメーカーの推奨するICLの適用年齢は21~45歳で、過去1年間の視力が安定していることが手術を受けるための条件

「永久コンタクトレンズ」とも呼ばれているICLは、ずっと目に入れたままで構わないが、万が一、目にトラブルが起きたときには取り外すことができる。

●ネットでは、このニュースに様々な声が上がっている

近眼がひどいからICLって気になるー!まだ超高いみたいだけど。 レーシックは怖くてできないw

レーシックよりは良さそうだけど、どうだろうなあ  レーシックに次ぐブームに?眼内コンタクトレンズ「ICL」の希望と限界 headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…

ICLやりたいけどやっぱ怖いな〜と思ってしまう。

ICLの費用調べたら70万くらいするのね。ムリだわ\(^o^)/

1 2