1. まとめトップ

【ポケモン剣盾】ガラルの600族「ドラパルト」の育成論まとめ【おすすめ・最強】

今回の新ポケモン「ドラパルト」の育成方法をまとめました。記事ジャンル:ポケモンソード・シールド攻略:ドラフト育成・ドラパルト評価

更新日: 2019年12月07日

4 お気に入り 361739 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

今回の最速ドラゴン。素早さ142のお蔭で、大半のポケモンを上から叩ける。1度舞うと、スカーフでも抜かれない。しかも特殊技が豊富で、ガブと違って鬼火で止まらない。とくこうを一気に上げるには、ダイマックス+弱点保険が1番。ドラパルトは型が多いので、対策しにくい。

baseraさん

ガラルの600族

HP 88
こうげき 120
ぼうぎょ 75
とくこう 100
とくぼう 75
すばやさ 142
合計 600

クリアボディ
相手の能力ランクを下げる技や特性の効果を受けない。いかくも無効。

すりぬけ
相手の『オーロラベール』『リフレクター』『ひかりのかべ』『しろいきり』『しんぴのまもり』『みがわり』を無視して、攻撃できる。

*のろわれボディ
相手から技を受けた時、30%の確率で3ターンの間、その相手の技を『かなしばり』状態にする。技が無効化された場合や、自分が『みがわり』状態の場合は発動しない

ゴーストタイプなので、ノーマル・格闘が無効!交代でノーマル・格闘技を読んで、スカすこともできる。また現環境に多い毒・水・電気・草なども半減できる。

ドラパルトは耐性が豊富なので、非常に
使いやすい。ただフェアリー・ゴースト・ドラゴン・氷・悪に弱いので、そこも気をつけよう。

最近では弱点の多さを活かした保険型が流行っている。

素早さは高いが、低耐久。先制技に弱いため、防御に振る人もいる。

オーロンゲで壁を張り自主退場。そしてドラパルトで竜舞。上手く決まれば全抜きも可能。

XYの頃、この戦法でレート1900まで行った。

▼この戦法も有効【リフレクター&突撃チョッキ】

・オーロンゲのリフレクター

・脱出ボタンで退場

・ドラパルトを出す【突撃チョッキ】

・リフレクターとチョッキで両受け可能

弱点技を受けても落ちないので、タイマン性能が高い。

▼ドラパルトの長所
・竜の舞を覚える
・特殊技が豊富【ドロポン、大文字、ソーラービームなど】
・おにび+祟り目で強引に削る【HBドヒドイデの体力を半分に】
・ダイマックスでHP上昇【弱点を耐えて保険発動】
・パーティーに合わせた型が作れる【壁貼り型、積アタッカー】

▼ドラパルトの短所
・パルシェンに弱い【殻を破る→つららばりで落ちる】
・弱点が5つ
・低耐久なので、後出しが苦手【相手の技を読むスキルが必要】

ドラパルトは、伝説ポケモンとテッカニンを除くポケモンの中でもっとも速く(すばやさ142。ちなみにテッカニンが160、カマスジョーが136、ヒヒダルマ135)、こうげきも120とトップクラスに高い。さらにとくこうも100と高く、わざ選択の範囲が広い(物理、特殊の両方にいける)

つまりドラパルトは「ポケモンソードシールドのガブリアス」に当たるポケモンで、ポケモンソードシールドでポケモン育てる際の育成基準になるポケモンであると考えられる。

出典電ファミWIKI

600族ドラゴンの最終進化のドラパルトって名前は糞カッコイイ

出典http://pokemongo-master.com/archives/52405

おすすめの特性は

ダイマックス技は、能力ダウンが多いので、クリアボディがオススメ。ギャラのいかくも防げるので、かなり優秀。

しかも竜舞で上がった能力も下がらない。逆にクリアボディがないと、積みアタッカーの起点にされてしまう。

▼クリアボディの長所

★キングシールドの攻撃ダウンを受けない

・おきみやげを防げる【その後出てくる積みアタッカーを潰せる】

すりぬけは、みがわりを貫通する。最近ではみがわりでダイマックスを枯らす戦法が流行っており、すりぬけも候補に入る。

▼すりぬけの強み

★みがわりを張った相手に鬼火が通る

★壁張り戦法を妨害できる【起点にされない】

★エルフーンのやどみがを突破できる

・みがわりを張っても、ダイマックス技は必中

・みがわりで1ターン消耗させる【自分は攻撃。相手はみがわり】

・みがわりで体力が減る【ダイマックス技+みがわりのダメージで倒しやすくなる】

ダイマックスドラパルトの前でみがわりを撃つ人は、結構いる。そのため「すりぬけ」でゴリ押しできる。

ドラゴンアローでもみがわりを貫通できるので、クリアボディが1番多い。

また呪われボディも候補に入る。理由は、弱点技を封じ込めるから。ただし発動率が30%なので、運の要素も必要だ。

1番多い型

性格:むじゃき(素早さ↑特防↓)
努力値:攻撃252 素早さ252 HP4
特性:クリアボディ
持ち物:いのちのたま、きあいのタスキ、ラムの実
技構成:げきりん、ゴーストダイブ、とんぼがえり、だいもんじ

▼説明
げきりんは、高威力だが使いにくい。そしてゴーストダイブは溜めが必要。

ダイマックスだと高威力+デメリット無しになるので、使いやすくなる。

▼なぜ無邪気なのか?
現環境は、物理が多いので、無邪気にした。せっかちにすると、氷のつぶて・かげうちで落ちてしまう。

またようきにすると、だいもんじの威力が落ちる。

▼大文字を入れた理由
ナットレイを止めるため。現環境はミミッキュが多く、ナットレイの需要も高まっている。大文字がないとナットレイが倒せず、電磁波を受けてしまう。

性格:おくびょう
努力値:とくこう252、素早さ252、HP4
持ち物:ひかりのねんど
技構成:ひかりのかべ、おにび、たたりめ、みがわり

ひかりの壁を貼り、積みアタッカーをサポートする。物理アタッカーが出たら、鬼火を入れてたたりめを撃とう。半分以上削れるので、決め手になる。また鬼火+祟り目は耐久ポケモンにも刺さる。

みがわりは、水ロトム・火ロトムのボルチェンで壊れない。後続に鬼火を入れたり、ダイマックスを枯らすので、こちらも優秀。

光の壁で特殊。鬼火で物理に強くなる。その上素早さが高いので、ムダがない。

性格 : わんぱく
特性 : クリアボディ
持ち物 : じゃくてんほけん
努力値 : HP:252 / 攻撃:36 / 防御:132 / 特防:60 / 素早:28
技 : ドラゴンアロー / ゴーストダイブ / りゅうのまい / おにび

鬼火を当て、竜舞で舞うコース。ミミッキュを起点にできるので、そこそこ強い。またじゃれつくを喰らうと、保険が発動する。

ゴーストダイブは溜め技だが、ダイマックス技になると溜めがいらない。

B…陽気ドラパルトのドラゴンアロー確定耐え
ダイマックス込みで意地珠ドラパルトのダイドラグーン(ドラゴンアロー)確定耐え

火傷込みで意地珠ミミッキュのじゃれ+影+影耐え(最高乱数切り)

S→最速サザンドラを抜く

ドラパルトの魅力

ダイマックスするとHPが上昇する。そしてダイドラグーンで相手の攻撃を下げれば、弱点の物理技も耐えきれる。

保険を発動させ、次のターンで一気に倒す。

@asiki_touketu ドラゴンアローが襷潰せる げきりんがダイマックスで1番火力でる 文字が役割破壊 スカーフは蜻蛉で火力の出る不意打ちとかでいけそう c100あるなら両刀も〇

ドラパルト 意地っ張りAS ゴーストダイブ ドラゴンアロー 竜舞 身代わり辺りで考えてる その他候補としてはオーロンゲピンポの鋼の翼 対面じゃ無理だけど後出しからなら 一応バンギにもダイマックスすればドラゴンアローより通る あとトンボあたりか あんまいらん気がする

素早いので、ダイマックス技が先制で撃てる。またHPが上がるので、微妙な耐久も補える。

オススメのダイマックス技

ゴーストダイブ→ダイホロウ【溜め無し威力130+防御ダウン】

ソーラービーム→ダイソウゲン【溜め無しで威力140。グラスフィールド付き。インテレオン・水ロトム対策】

だいもんじ→ダイバーン【威力140+日照り効果】

げきりん→【威力140の大技。相手の攻撃を1段階下げる】

現環境に多い水ロトム、ヌオーに刺さる。多くのトレーナーは、草技を警戒しないので、意表をつきやすい。

流れをまとめると
・ドラパルトを出す

・相手「竜舞する気だな!こっちはヌオーを出すぞ」

・ヌオー【てんねん】と交代

・自分「ダイソウゲン」

・ヌオーは倒れる

・相手「おいおい!そんなのアリかよ!」

ドラパルトの霊物理技ゴーストダイブだけとかありえねーって思ってたけどダイマックス用と割り切れば採用ありだな

ダイマックスの仕様

・HP2倍

・3ターン継続

・技の威力が上昇しタイプ別の追加効果(能力、天候、フィールド変化)がつく

・変化技はダイマモルになる

・ダイマックス技は必中であり、ダイマモル以外を貫通

・いのちのたま等の定数ダメージはダイマックス前のHPを参照

・怯み、吹き飛ばし、一撃必殺、重さ依存の技(けたぐり等)無効

・拘りを解除し、補正もなくなる(ダイマックスが切れたら拘りなおす)

1 2 3