1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

妊娠に気づかず出産する「クリプティック・プレグナンシー」とは

出産するまで全く妊娠に気づかない「クリプティック・プレグナンシー」という状態になる人々がいるようです。

更新日: 2019年11月16日

26 お気に入り 144315 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しました。

PINKMOMOさん

■妊娠に気づかず出産

長女が高校生で出産しました 親として気がつかなかったのもあるのですが 本人も出産当日まで気がついていなかった

陣痛が来るまで妊娠に気づかなかった人をリアルに聞きました。本当にそんなことってあるんですね・・・

彼女は生理不順だったこともあり、生理が来なくても気にしていなかったらしいし、少々気持ちの悪いことも多少あったらしいのですがあまり気にせず、ジーンズかきつくなったけどボタンをはずして履いていた

■元々生理不順で…というケースが多いみたい

『友達にいたよ! もともと太っていて生理不順で、お腹が痛くて病院に行ったら妊娠がわかって、そのまま出産……本当にビックリした! 』

制服のサイズもズボンのサイズもそのままに着ていました ただ「最近太ったな」とは思っていたそうでダイエットの薬を飲んでいたりした

太ったかな?お腹がゴロゴロするな?風邪ひいたかな?など体調の変化には気づいていたようですが

■腹痛でトイレに駆け込んだら…

気分が優れないと感じたのは出産当日のことで、それが陣痛の始まりであることなど知る由もなかった。しかし耐え難い腹痛に襲われて自宅トイレに籠って10分後、エリンさんは思わず悶絶の叫び声を上げた

叫び声が聞こえて、何事かと心配でトイレまで走りました。戸を開けると、エリンのほかにトイレの床に小さな赤ちゃんがいるじゃないですか…

■このような状況を「クリプティック・プレグナンシー」という

出産直前まで赤ちゃんを身ごもっていることに気付かない妊娠は「クリプティック・プレグナンシー(cryptic pregnancy)」

クリプティック・プレグナンシーは、つわりや体つきの変化といった妊娠特有の兆候があらわれないことによって生じることが多い

これに加え生理が不規則である場合にもは更に発生しやすいとされる。

■結構な割合で発生するという

クリプティック・プレグナンシーは世間で思われているほど珍しいことではない

妊娠に全く気付かずに自宅トイレやスーパーで出産を迎えるとなると、本人も慌てふためいてしまう

■もっと信じられないが「双子」を妊娠していて出産まで気づかないというケースも

腹痛に耐えながらトイレまで行ったベスさんは、その場で一人目を出産。最近少し太ったが、まさか妊娠しているとは思っていなかったベスさんは驚愕

↓↓下に続く。

電話で医師から胎盤を外に出す必要があることを伝えられため彼女は再度いきんでみた。すると胎盤ではなく、2人目の赤ちゃんが産まれた

その後、母子3人は救急車で病院に運ばれ、入院していたが健康状態は良好で1週間後に3人は揃って退院した

1 2