1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

知る人ぞ知る希有な「スウェーデンワイン」が日本初上陸!

KULLABERGS VINGARDクラベリス・ヴィンゴード・世界が最も注目する新世代による挑戦的な最新サステイナブル農法を駆使した次世代ワイナリー・Immelenイメルン・Lyckeriリッケリ・huset vinヒューセット ビーン・独占契約・輸入価格・リサ・ラーソン・トンカチTONKACHI

更新日: 2019年11月18日

1 お気に入り 2197 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

知る人ぞ知る希有な「スウェーデンワイン」が、ついに日本初上陸!「スウェーデンワイン」世界が最も注目する新世代による挑戦的な最新のサステイナブル農法を駆使した次世代ワイナリーの「KULLABERGS VINGARD(クラベリス・ヴィンゴード)」

花が好きさん

関連リンク

Kingdom of Sweden(スウェーデン王国)

スウェーデン王国(スウェーデンおうこく、スウェーデン語: Konungariket Sverige)、通称スウェーデンは、北ヨーロッパのスカンディナヴィア半島に位置する立憲君主制国家。首都はストックホルム。西にノルウェー、北東にフィンランドと国境を接し、南西にカテガット海峡を挟んでデンマークと近接する。東から南にはバルト海があり、対岸のロシアやドイツとの関わりが深い。法定最低賃金は存在せず、経済はスウェーデン国外の大企業や機関投資家に左右される傾向にある。

スウェーデン王国は、ワインが安い。

スウェーデンでよく飲まれるアルコールにワインがあります。
スウェーデンでは、ビールよりもワインのほうが酒税が低いので、ワインの値段は比較的安いのです。

新たにワインの名産地になるのは、意外な「あの国」

スウェーデンの気温は、過去150年余りの間に世界平均の倍の速度で上昇している。冬の平均気温は2度近く上がり、夏は熱波に襲われるようになった。

https://courrier.jp/news/archives/2348/?ate_cookie=1573885340
温暖化は同国に、意外な“恩恵”ももたらしている。これまではリタイア後の趣味程度にしか行われていなかったワイン造りが、産業になりつつあるのだ。

最南部スコーネ地方にあるワイナリーは15年前にブドウ栽培を始め、現在では6万㎡の農園に2万株を栽培する。スウェーデンワインの可能性を信じ、規模を拡大してきたという。

「スウェーデンワイン」

スウェーデン産のワインの数少なく、あまり一般的ではありません。

スウェーデンワインは、生産量はごく少量であるが、1990年代の終わり頃から成長がみられる。

「KULLABERGS VINGARD(クラベリス・ヴィンゴード)」の「Immelen(イメルン)」と「Lyckeri(リッケリ)」

スウェーデンは、新たなワインの名産地

ブドウの品種改良や気候変動の影響、醸造技術の発展により、今やスウェーデンは、新たなワインの名産地として世界の注目を集めています!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

~注目の「スウェーデンワイン」日本初上陸 ~

スウェーデンワイン日本上陸のニュースです! ミネラルが豊富で、四季が明確な寒冷地ならではのエレガントで香り豊かな風味をお楽しみください✨ リサ・ラーソン88歳米寿記念の限定ボトルも要チェック! ~注目の「スウェーデンワイン」日本初上陸 ~:時事ドットコム jiji.com/jc/article?k=0…

「KULLABERGS VINGARD(クラベリス・ヴィンゴード)」のワイン

クラベリス・ヴィンゴードはベンチャーワイナリー。

2014年に創業した「KULLABERGS VINGARD」(クラベリス・ヴィンゴード)は最新のサステイナブル農法を駆使した次世代ワイナリー。

今、世界が最も注目する新世代による挑戦的ワイナリーである。

スウェーデンワイン「KULLABERGS VINGARD」(クラベリス・ヴィンゴード)

「世界に通用するワールドクラスのワインの製造をクラバーグのブドウ園で行っており、スウェーデンが世界のワインリストに入れる様に日々ワインの研究をしている」

https://tonkachi.co.jp/artist/kullabergs-vingard/
最先端の専門知識を持つスタッフが集まり、世界に通用するワールドクラスのワインに辿り着こうと、様々な試行錯誤を重ねながら少数精鋭で運営されている。
すでに彼らのワインは数々のメダルを受賞しているが、彼らは変化し続け、同じところにとどまることをしない。
スウェーデンワインを世界のワインリストに加えるという、彼らの当初の目標は、すでに射程距離にある。

1 2