1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

企業は証券コード順に記載

そもそも東証一部上場企業って?

東証一部上場企業とは、ニューヨークやロンドンと並ぶ世界三大証券市場の一つと言われる東京証券取引所に4つある市場(東証一部・東証二部・マザーズ・JASDAQ)のうち、最も審査の厳しい東証一部に株式を公開している企業のこと。その審査基準は以下の通り。

ざっくり言えば、およそ600万ほどあるとされる日本企業の一軍メンバーであり、押しも押されもせぬ日本経済の顔役たちであり、ここから内定が貰えれば好きなだけドヤ顔し放題な企業群である。

が、

悲しいかな、そんな東証一部上場企業でさえ、「CMやってないし看板とか見たことない」ぐらいの理由で就活生に見過ごされたりドヤ街のオッサンになめられたりしてしまうのである。

というわけで、日本経済のトップ集団こと東証一部上場企業のうち、〇業をやっている企業についてまとめてみました!

繊維製品業 (計41社)

<注意>現在東証一部上場基準の厳格化、東証再編をめぐる議論がなされています。その結果次第では、このまとめに記載されている企業の一部が東証一部から降格することがあります。

片倉工業 (証券コード30010)

絹製等の高品質インナー・レッグウェアの製造販売を主とし、その他医薬品、工業用洗浄機、溶剤ろ過・再生装置などを製造販売している会社。
子会社を通じてエプロン・部屋着、果ては消防車、農業用機械なども手掛けており、経営多角化が進んでいる。
肌着のブランドとしてはキャロンで有名。
かつて操業していた工場(富岡製糸場)が世界遺産登録されたことで話題となった。

【片倉工業の主なグループ会社】
片倉工業
ニチビ
オグランジャパン
トーアエイヨー
三全製薬
日本機械工業
片倉機器工業

グンゼ (証券コード30020)

主に肌着、部屋着、ストッキングなどを製造販売している会社。
その他繊維他資材、工業用機械、タッチパネルなどの製造販売やスポーツクラブ経営など、事業内容は多岐にわたる。
CM、TVスポンサーもガンガンやっている有名企業。

東洋紡 (証券コード31010)

繊維のほか、フィルム、機能樹脂、フィルター、接着剤、医療機器、医薬品、クッション材など様々な素材、高機能製品を製造販売している会社。
始まりは繊維の会社であったが、現在は繊維以外の事業のほうが堅調。
1879年の創業以降化学。生物関連の様々な事業で実績を上げてきている。

【東洋紡の主なグループ会社】
東洋紡
キャストフィルムジャパン
呉羽テック
コスモ電子
ゼノマックスジャパン
ティー・エヌ・シー
東洋クロス
東洋紡STC
トーヨーニット
豊科フイルム
日本エクスラン工業
日本ダイニーマ
日本ユピカ
三元化成
御幸毛織
ユウホウ

2017年の東洋紡のCMのような何か。公式チャンネルより。

ユニチカ (証券コード31030)

フィルム・樹脂などの高分子資材、ガラス繊維・活性炭繊維、衣料用繊維などの機能材含む繊維資材を製造販売している会社。
工業用原料と資材のみ扱っているため一般にはなじみが薄いが、関連する事業をしている会社からは業界内の大物として評価が高い。
自社宣伝のため数年おきにユニチカマスコットガールという名のキャンペーンガールを選定しているため、その絡みで知っている人はいるだろう。

【ユニチカの主なグループ会社】
ユニチカ
ユニチカトレーディング
日本エステル
テラボウ
コソフ
ユーシーエス
ユニオン
ユニチカスパークライト
アドール
大阪染工
上條精機
ユニチカガーメンテック

2019年ユニチカマスコットガールの動画。公式チャンネルより。

1 2 3 4 5 6 7 8 9