1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●2016年2月覚醒剤所持の現行犯逮捕された元プロ野球・清原和博氏

5月17日に初公判が行なわれ、5月31日に懲役2年6カ月、執行猶予4年の有罪判決が下った。

●2018年7月に著書「告白」が発売され話題に

本書には、岸和田リトルで野球を始めた頃から、甲子園の栄光、ドラフト事件、激動の現役時代、そして選手引退後の喪失感や覚醒剤のことまでが、ありのままに記されている。

発売から話題を呼び、スポーツノンフィクションの本として異例の累計11万部を記録している。

『清原和博への告白~甲子園13本塁打の真実~』は2016年12月に単行本化され、この7月には文庫化されることになった。

●少し前には、厚労省主催の依存症理解を深める普及啓発イベントに出演

覚醒剤を使った罪などで有罪判決を受けた元プロ野球選手の清原和博さんが、依存症の治療中の当事者として厚生労働省のイベントに参加し、薬物依存の経験を語りました www3.nhk.or.jp/news/html/2019… #nhk_news #nhk_video pic.twitter.com/ozoCwFabOY

民間団体が企画委員として参画した、平成30年度厚生労働省「依存症の理解を深めるための普及啓発事業」

東京の会場には、元プロ野球選手・清原和博さんがサプライズゲストとして登場、治療を続ける日々について、松本俊彦医師と対談。

●その清原氏が「FM沖縄 開局35周年記念 ドリームマッチ」に参加

清原和博氏が17日、沖縄・浦添市の「ANA BALL PARK 浦添」で「FM沖縄 開局35周年記念 ドリームマッチ」に参加。佐々木主浩氏との夢の対決が実現しました。 pic.twitter.com/8yx9XKFc2j

西武や巨人などでプレーした清原和博氏(52)が17日、沖縄県・浦添市民球場で開催された野球教室に、ユニホーム姿で登場

名球会メンバー中心の「FM沖縄ドリームス」の一員として上着がブルーのユニホームに身を包んで現れた。

・PL学園の後輩にあたる立浪和義氏の呼びかけで参加が実現

2016年5月に覚せい剤取締法違反罪で懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を受けた清原氏がユニホーム姿を見せるのは逮捕後初。

通算2480安打をマークし、清原氏の母校・PL学園の後輩にあたる立浪和義氏の呼びかけで参加が実現。

歴代最多通算407セーブを挙げた岩瀬仁紀氏、通算2050安打の和田一浩氏、名指導者としても活躍した権藤博氏、タレント稲村亜美さんら錚々たるメンバーと共にグラウンドに姿を表した。

・清原氏は、大魔神・佐々木氏と14年ぶりに‘’再戦‘’でタイムリー

清原和博氏が17日、沖縄・浦添市の「ANA BALL PARK 浦添」で「FM沖縄 開局35周年記念 ドリームマッチ」に参加。浦添市の少年選抜チームとの「夢の対決試合」に「4番・一塁」で先発出場し、1点差に迫った3回2死一、二塁で右前へ同点打を放ちました。 pic.twitter.com/GVF4nBB9F0

●ネットでは、久々のユニホーム姿に歓喜の声が上がっている

@dai_rush 清原さん ユニフォームが似合ってますね。 佐々木さんもきっと嬉しいでしょう。 こんな姿が見られるなんて思っても みませんでした。

1 2