1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●深刻化している年賀状などの「郵便局」ノルマ問題

双方向通信の多様化という時代の流れの中で、年賀状の販売が激減した。そこで執られたのが「ノルマ営業」。

局内で自らのノルマを課せられた局員は致し方なくノルマ枚数を買い込み、金券ショップなどに持ち込むという事態まで表面化した。

●大阪市内であった郵便局員有志による集会

・マイクを握った女性は、夫の死を「無駄にしないでほしい」と訴えた

マイクを握った埼玉県の女性(52)が切実に訴えた。9年前の2010年12月、郵便配達員だった夫=当時(51)=は勤務局の4階窓から飛び降りて亡くなった

・遺族は、日本郵便に損害賠償を求めた裁判で和解が成立

遺族が日本郵便に損害賠償など約8000万円を求めていた裁判は10月12日、さいたま地裁で和解が成立した。

この郵便局は、「郵政版トヨタ方式」という業務合理化策のモデル局に指定されており、郵便物の仕分け作業にかかる時間をストップウォッチで計測するなど、作業のスピードアップを求めてきた。

また、ミスをした局員を「お立ち台」と呼ばれる台に上げ、数百人いる職員の前で叱責するなどの慣習もあったそう

●元郵便局員が明かすノルマの事例

3年前に日本郵便に入社した、元郵便局員・Xさん(20代男性)に話を聞いた。

「当時、毎月一品の『注力商品』というものがあって、たとえば3000円程度のジュースのアソート(詰め合わせ)を一人1万円分売るように…といったノルマが与えられていました。

オリジナル商品があるならまだマシな方で、『お偉い方の天下り先の商品だからなんとしてでも売って来い』と、似たような商品で値段だけが高いカタログを渡されました。

●ネットでは、この問題に様々な声が上がっている

郵便局の過剰ノルマ 今に始まった事ではない… 年賀状以外も沢山ある

郵便局限らず過剰ですよ。うちの身内関係で銀行員いますけど、その子が1年生の時に新規契約で最低100万円の定期がノルマとか変なこと言われたみたいですし。

郵便局員に過剰ノルマが課され、社会人は皆忙しい時期に嫌々書いて、局では人手不足の中で何とか人集めてクソ寒い中配達して…ってもう年賀状って言うより不幸の手紙だろ

郵便局の過剰ノルマかぁ… こういう自爆は、大体どこの業界にもあるな。わたしもしたした。 不況でものが売れなくて、従業員の自爆で売上たってるのに景気は緩やかに回復とかもう本当うそつき。

年賀ハガキは、幼なじみから毎年連絡来るねぇ…。印刷発注するから、郵便局からは買えないのが申し訳ない。 たださ、ノルマってスーパーとかも異常だよね。某農協系列スーパーのパートさん、毎月給与から規定の額の商品券購入義務があるって嘆いてた。稼いだ分なのに、強制的に返還だよねぇ。

郵便局の過剰ノルマ 配達員だけじゃなく窓口受付の事務員も確かあったはずー ゆうパックのノルマはけないと上からうだうだぐちぐち言われるって聞いた事あるような… ちなみにかんぽ騒動中に実母、かんぽの職員に個別に契約されそうになったw

・一方でこんな声も‥

郵便局の過剰ノルマ…まだあるの? 昔、挨拶しかしないおばあちゃんがやって来て「郵便局で働いてるんだけど、年賀状買ってくれない?」って押しかけて来たっけ。そんな詐欺みたいな商売は許せなくて断った。ある意味では思いやり。 こーゆー変な風習がなくなりますように!

郵便局の過剰ノルマ、死選んだ配達員 自殺の翌日に届いた自腹の購入商品…妻「何でここまで」(西日本新聞) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191118-… ノルマ、ノルマって止めようよ。 友達も郵便局で働いてて、年賀状のノルマあるから心配になる・・・

1 2