1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

きつい言い方だったかも…織田信成が女性コーチをモラハラ号泣提訴に芸能人から様々な声

元五輪フィギュア代表でタレントの織田信成が、関西大学アイススケート部の女性コーチ・浜田美栄コーチをモラルハラスメント行為(モラハラ)での損害賠償を民事提訴した。織田信成に対して、芸能人などからの様々な声をまとめ。高橋克実、斎藤司(トレンディエンジェル)、奥野史子、安藤優子キャスター…

更新日: 2019年11月18日

5 お気に入り 108366 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

●タレントで元フィギュアスケート選手の織田信成

織田 信成(おだ のぶなり、ラテン文字:Nobunari Oda、1987年3月25日 - )は、2000年代から2010年代にかけて活躍した日本のフィギュアスケート選手(男子シングル)

織田氏は大阪府立阿武野高校から関西大学文学部に進学。2010年にバンクーバー五輪に出場すると、11年3月に大学を卒業した。

引退後は、トラロックエンターテインメントに所属し、プロスケーター・スポーツ解説者・TVタレント・指導者などで活動

●令和9月、ブログで関大のモラハラ行為を告白

【ブログで告白】織田信成氏、関大アイススケート部退任理由は「モラハラ行為で体調を崩すように」 news.livedoor.com/lite/article_d… 「多忙」が理由とされたことを否定し、「私に対して嫌がらせやモラハラ行為があり、その影響で今年春頃から体調を崩すようになった」などと記した。 pic.twitter.com/xiXwMi2iwY

織田氏は9月29日のブログで関大が退任理由を「多忙」と説明したことを否定し、「リンク内で私に対して嫌がらせやモラハラ行為があり、その影響で今年春頃から体調を崩すようになった」と説明

モラハラとは、モラルハラスメントの略

関大は10月4日に「事態を適切に収拾できなかったことを深く反省している。今後も誠意をもって対話を続けたい」とコメントを発表していた

絶対大丈夫。応援してくれる人が世界中にたくさんいるねんもん。それって今まで本気でスケートと向き合ってきたからやし、今日の日が無駄じゃなかったって思える日が絶対来るから、笑顔でいてほしいです。。

●その織田信成が11月18日、関大所属の女性コーチを提訴

9月に関西大アイススケート部の監督を辞任したのは、関大所属の女性コーチによるハラスメント行為が原因だったとして、同コーチに1100万円の慰謝料などを求め大阪地裁に提訴した。

訴状によると、織田さんはモラハラによって高熱で8日もの間入院をしたり、震えやめまい、吐き気、頭痛などに襲われたりしたといいます。

●訴えられた浜田美栄コーチは、紀平梨花選手らの指導者

織田信成氏(32)が1100万円の損害賠償を求める訴訟を起こした浜田美栄コーチ(60)は、名実ともに日本の女子フィギュアスケートを牽引する指導者

同氏は、18年のグランプリファイナルに初出場で優勝した女子の紀平(きひら)梨花選手(17)らの指導者として知られる。

今夏からは昨季の世界選手権で銅メダルを獲得したビンセント・ゾウ選手(19)=米国=もメインコーチとして指導。海外のフィギュア関係者からも指導力を高く評価されている。

●織田信成が民事提訴後の記者会見で号泣する場面も…

記者会見で「この数カ月間、(女性コーチに)ずっと敵意を向けられ続けてきた。リンク内外を問わず恐怖心を感じた」

●織田信成は、自身のブログで提訴の経緯を説明している

●女性コーチが所属する関西大学は、リリースを発表

関大は「訴訟の内容については承知しておりませんので、コメントは差し控えます」などとのリリースを出した。

1 2