1. まとめトップ

人工筋肉!?介護や農作業を楽にする「人間拡張ギア」のマッスルスーツがキテる!

介護の現場がより良くなればいいのにと常に思っています。

更新日: 2019年11月19日

1 お気に入り 719 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ecotaro14さん

■流行語大賞にもノミネートされた人間拡張ギアのマッスルスーツ

人間拡張とは、人に寄り添い人の能力を高めるシステムのことです。

人間拡張という新しい技術によって、人間が本来持つ能力の維持・向上(体力、共感力、伝達力など)、生活の質の向上(満足度、意欲などの向上)、社会コストの低減(医療費、エネルギー、未使用製品などの低減)、産業の拡大(製造業のサービス化の推進、IoTを用いて生活データを蓄積し、AIで価値ある知識とする知識集約型産業の創出)を目指す

■まるで「着る筋肉」

業務用の人間拡張ギア「マッスルスーツ」が開発されましたが、最近一般人にも手の届く「マッスルevery」が市場に出回るようになりました。

人間拡張ギアが広がればいいなぁ 特に地方の農家とかに

買い物行ったら、マッスルスーツ着けてる人見たよ。 男の人で、車椅子押しておられたので、やはり介護されてる方みたいだった。 案外売れてるんだねぇ。

■なんと電源不要!

25.5kg重の最大補助力で上半身を引き起こす力をサポートし、腰の負荷を軽減するという。動作に必要な圧搾空気の本体付属の手動ポンプを使って用意するため、電源不要で稼働時間に制限がない。

装着は一人で簡単に行え、リュックサックのように背負ってベルトを締めるだけの10秒程度しかかからない。手動ポンプは30~45回動かすだけで準備完了だ。

■介護や雪かきの現場でヒットの予感

従来モデルは約50万円と高価格だったが、今回は従来品のアルミ製から樹脂(プラスチック)製に変更したことなどから価格を抑え、初めて店頭販売を実現。既に実家の両親へのプレゼントとしての購入もあったという。

価格がネック&作業内容が複雑でロボット化が進まない分野にすごく売れそう。 雪国の雪かきに必須になったりして。 さらなる軽量&低価格化に期待です。 >介護や雪かきの現場で大活躍の予感? 量販店に10万円台の「マッスルスーツ」が登場 FNN fnn.jp/posts/00048963…

これもっと売れればもっと安くなる。 これがあって助かる人は多数居るんじゃないかな? 介護保険の対象とかになればいいのに。 介護や雪かきの現場で大活躍の予感? 量販店に10万円台の「マッスルスーツ」が登場 - FNNプライムオンライン fnn.jp/posts/00048963… #FNN

1