1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

失踪者も続出…政府も対策を打ち出す「外国人技能実習生」の実態

失踪者も出ている外国人技能実習生。政府は様々な対策を打ち出されていますがはたして…?

更新日: 2019年11月19日

5 お気に入り 9018 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■技能実習生とは?

外国(主に新興国)の方が日本の企業で働くことにより日本の高い技術を身につけ、その国の発展を担う人を育てる「人づくり」を目的として創設された国際協力のための制度

2016年11月28日、外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(技能実習法)が公布され、2017年11月1日に施行されました。

外国人技能実習制度が実質最長10年になりますので、受け入れ側は実習生を長く雇用したいと考えています。

来日して企業で働き、技術を磨く事で、日本の製品の品質管理や、製品がどのように生まれているのかを実体験として学ぶことが出来る制度で技能実習生(研修生)達とその母国にとって非常に有益な制度となっています。

■現場では様々な問題が噴出しているという

日本政府が外国人労働者の受け入れを表明して以降、アジア各国から外国人技能実習生の受け入れが加速

出入国在留管理庁によりますと、外国人技能実習生の失踪は年々増えていて、去年1年間では9052人と、5年前の2倍近くに

最近では、技能実習生の国籍が多様化する中、支援者のもとでは、カンボジア人技能実習生からの相談が増えているという。

▼最近、某ドラマでも取り上げられた

外国人技能実習生の労働環境の闇 政治家が不正献金と確保するためにそれを隠蔽 パワハラ(脅迫)&セクハラ(侮辱、差別) これがほんとにこの世でいくらでも起こってんだから、くそすぎる。 #相棒18 #aibou

#相棒 の犯人描写は過剰にデフォルメされてることが多いけど、今回はほぼノンフィクションな外国人技能実習制度の闇。

さて『相棒』の世界では外国人労働実習生の闇は暴かれたが現実の世界では…#aibou

■背景にあるのは実習生失踪の増加

とりわけ多い建設業の失踪問題については、外国人技能実習制度の闇として取り上げられることが多い。

外国人技能実習生に対して雇用主が適正な賃金を支払わなかったり、無理な残業を強いたりするケースが長崎県内でも一部で横行し、失踪の原因に

長く内戦の続いたカンボジアから日本に技能実習生として働きに来る人がいるが、言葉の問題などがあり、問題に直面してもなかなか外部に相談できない状況にある

■そんな中、法務省が対応策を打ち出した

日本の法務省は12日、技能実習生の失踪防止に向けた取り組みを発表した。

大量に失踪者を出した実習先や監理団体は、適正な実習ができていないと見なして、新規の受け入れを停止するほか、賃金の不払いがあるなど違法性が確認できれば、受け入れをできなくするとしています。

森法務大臣は会見で、「施策を着実に執行し、失踪者数の減少に全力で取り組みたい」と話しました。

■政府の働きかけが機能するかは未知数

1 2