1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

サクッと読める。短編集

atikti9388さん

【密室】

今年成人したばかりの1人の男が誘拐され、とある密室に閉じこめられた。

部屋には男の他に5歳、10歳、30歳、40歳、75歳、80歳の男が縛られている。

その時、スピーカーから声がした。
「その部屋にいる人間の年齢を足して100歳になるように殺せ。残った人間は助けてやる。」

縛られた男達は、恐怖におびえ「私を助けてくれ」と懇願する。
成人の男は悩んだ末に、与えられていた刃物で自殺した。

解説

足して100にするには、絶対に20歳である自分が含まれてしまうことに気付いたから。

【嫁イビリ】

俺の母親は嫁イビリが酷いんだ。
食事に、嫁が同席するのも嫌がる。

今日はいきなり俺たちの部屋に入ってきて、
「掃除」と言い嫁を押し入れに閉じ込めようとした。

俺は腹が立ち「梓に何するんだ!」と母親に対して怒鳴る。
「梓って誰?」と母親。

…名前まで把握してなかったなんて…さすがに呆れて物も言えないよ。

解説

「梓」はフィギュアの女の子の名前。

【彼女】

最近、彼女ができました。

彼女が見せる、無防備な姿がたまらなく好きです。
俺にしか見せないドジなところとか、たまにしちゃうゲップやオナラすらも愛しくてたまりません。

なんて、可愛いんだろう。ずっと見ていたいな。

あれ?今日もカギをかけ忘れてる。ドジだなぁ。でも大丈夫、俺が見守ってるよ。

解説

「俺」は彼女のストーカー。
部屋に侵入したり、覗きをしている。彼女は気づいていない。

【霊感】

「あ、幽霊がいる」
「え?お前霊感あるんだっけ?」
「ああ、小さい頃から見えちゃうんだよね。」
「へぇ、なんか大変だな。」
「んー。あ、ほらあの公衆トイレ。首吊ってる霊がこっち見てる。」
「は!?こわ、全然見えないけど、こわいな。」
「あの電柱の後ろには赤いワンピース着た女がいる。」
「まじかよ…」
「あ…」
「ん?またなんかいたか?」
「公園の噴水らへんに包丁振り回してる霊がウロウロしてる」
「あ、ほんとだ、こっち来た」

解説

霊感がない方にも見えている。
「包丁振り回してる霊」ではなく「包丁振り回してる通り魔」

【巨峰】

布団に入ると、なにかを太ももあたりで踏んだようだった。
プチっと潰れた感触と、そのあとは少し濡れたような感じがした。
なんだ?と思って手探りで触ると、表面はサラサラ?していて、中身はヌルヌルしていた。
まるで巨峰の皮みたいな。

寝ぼけていた私は、その巨峰の皮のようなものを手で擦って遊んでいた。
ヌルヌルというかちゅるちゅるしてて気持ちいい(笑)

翌朝、起きて布団をはがすと私はゾッとした。

解説

私が擦っていたのは
巨峰ではなく、ぺしゃんこになった何かのサナギだった。

【じいちゃん】

僕は、とっても几帳面な母と、痴呆のじいちゃんと3人暮らしだ。
母はいつもじいちゃんの世話で忙しそうだった。

俺が明け方じいちゃんの部屋にふと寄ると、じいちゃんがいなかった。
「また夜中に抜け出したのか…?」と思って
窓を開けて外を見ると、窓から転落したようで、じいちゃんが庭に倒れていた。

僕はそのまま窓を開けておくことにした。

解説

じいちゃんが自ら落ちたのであれば、窓は閉められない。
几帳面な母が、じいちゃんを突き落として、つい窓を閉めてしまったのだと
気付いた「僕」は、じいちゃんが自ら飛び降りたと見せかけるために
窓を開けた。

【民族】

ある番組で、一切外部の者と関わりを持たないという民族に取材をしに行った。
その民族は、つい数年前に存在を発見され、それまでは全く知られていなかったのだ。

リポーター「こんにちは」
民族「コンニチハ」
リポーター「あれ?かなり友好的なんですね!外国人と話すのは初めてですか?」

民族「いや昔から何年かに1度は来てるぞ。」
男はニタニタと笑った。

解説

外国人が来ているのに、この民族の情報が持ち帰られなかった。
つまり、生きて帰っていない。

【通勤電車】

通勤の電車、いつも僕の目の前に立つ女がいた。
晴れの日も、雨の日も、毎日だ。

絶対に僕に気がある。

そう確信した僕は、その女に話しかけデートに誘った。

「え…?無理です。」

なぜだ?この女、思わせぶりにも程がある。

解説

女は、ただ単に「俺」が途中の駅で降りることを知っていたので、
座席に座るために毎朝「俺」の前に立っていた。

【車庫入れ】

実は私、最近車の免許を取ったんです。

今日は、免許を取って初めての車庫入れ。
私の家のガレージはとても狭くて、奥行きもちょうど車1台分しかないんです。

だから、母が心配しながら、車の後ろから誘導してくれました。

「オーライ!オーライ!あとちょっと!」

よし!ぴったりガレージに収まった~!

初めてにしては上出来上出来!

解説

車の後ろにいた母は…

【エレベーター】

知ってた?
最近のエレベーターは節電のためなのか、
ボタン押すまでは電気がついてなくて、押してから電気ついて動き出すんだよな。

俺知らなくて、こないだ夜中にマンション帰ってきた時
ぼけっとしながらボタン押したら急に明かりついて眩しくなったから、驚いて声出ちゃったよ。

中に女の人乗ってて睨まれちまった(笑)こわいこわい(笑)

解説

女の人は真っ暗なエレベーターにずっと乗っていた。

1 2