発生源と疑われているものは複数存在し、工業用研磨材や洗顔料などに使用するために直接生産されたもの、プラスチック材料が壊れて細かい断片になった、衣類からの合成繊維の脱落などが挙げられる。

出典海洋汚染の元凶であるマイクロプラスチック。淡水に流れ出る6割が洗濯による糸くずであることが判明(米研究) (2019年9月26日) - エキサイトニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

大気中にも…「マイクロプラスチック」による汚染が深刻すぎる

国際社会には早急な対策が求められています。

このまとめを見る