1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

シンディローパーにマドンナも。80年代歌姫の現在も凄い!

80年代の海外歌姫の現在の姿は…あのヒット曲も覚えていますか。懐かしい…。

更新日: 2019年11月22日

15 お気に入り 74776 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pinkswan999さん

◎80年代、海外の歌姫が懐かしい!今はどんな感じ…

▼シンディローパー、80年代の音楽賞も凄い!

グラミー賞のみならずエミー賞、トニー賞も受賞!音楽シーンに輝き続ける多才な女性アーティスト=シンディ・ローパー

陽気で活力あふれる個性的な歌声で人気を得る。弾けるポップスからロマンティックなバラードまで歌い、80年代女性エンタテイナー歌手として印象深い成果を残した。

・デビュー35周年!今年は日本公演もありました。

文字どおり鮮烈なデビューとなった『She's So Unusual』(1983年/日本発売1984年)から35周年を記念したスペシャル・ツアー

シンディローパーさんに会えました〜! 変わらぬ素晴らしい歌声! 1階席まで降りて間近で歌ってくれて感激です! 日本の女の子ドラマーよよかさん参加のgirls just want to have funも最高‼️ 通訳さんを通してのお話しもあり 日本公演最終日、素敵なライブでした! pic.twitter.com/0ryMHVpEtB

@TkwN_7211 え?シンディ・ローパーは現役だぞ! おんとし66歳w 今年日本公演やるぞ! チケットもほぼ完売!!

▼マドンナ、ちょっとエロかっこいい歌姫ですね

・現在も人気ですね。この迫力は凄い

過去も現在もエンタメ業界の第一線でトップを張り続け、シングル・アルバムの総売り上げが女性アーティスト史上最高の3億円以上を売り上げる

現在は60歳を迎えているマドンナさんですが、現在も世界を魅了する歌姫として輝き続けている点も異例と言えるでしょう。

▼デビー・ギブソン、最年少(17歳)ギネス・ブックの歌姫

シングルで“自身で作詞/作曲/プロデュースを手がけて全米No.1を獲得した最年少(17歳)”としてギネスブック記録となり、現在もその記録は破られていない

日本では90年にTBS系列で放送された浅野ゆう子、いしだあゆみ共演のドラマ「男について」のテーマ曲として、山下達郎の曲にデビー・ギブソンが英詞をつけて、「ウィズアウト・ユー」を大ヒットさせた。

1 2