1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

Ohyukinaさん

いじめ・不登校が過去最多・・・

文部科学省は2019年10月17日、「2018年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」の結果を公開した。

いじめの認知件数は前年度比12万9,555件増の54万3,933件で過去最多を更新。

また、年間30日以上欠席した不登校の小中学生は、16万4528人で過去最多になりました。

いじめの方法は多様化している。

形態は「汚い」「死ね」などの『言葉でのいじめ』、蹴ったり殴ったり、盗みを強要するなどの『暴力的ないじめ』、そして置き去りにしたり、無視したりするなどの『個人の存在を無視するようないじめ』など、様々です。

最近ではSNSでのいじめやいじめ動画をネットにあげるなど、親世代が考え付かないようなことも起こっています。

いじめを受けた生徒の方が6倍自殺をしやすいという調査結果もある。

いじめ保険が話題

月額2640円の保険料で、弁護士への無料相談や問題解決のための弁護士費用の一部補償などのサービスが受けられるものだ。

被害者側が「学校が対応してくれなかった」と訴える姿もよく目にする。

加害者の親がいじめの事実を認めなかったりして、いじめの問題を当事者間で解決するのが難しいケースがあるため、第三者の弁護士に介入させる狙いです。

いじめ以外のトラブル・加害者となった場合にも対応

例えば相手方の子どもに怪我を負わされた場合や、逆に怪我を負わせてしまった時、他人の所有物を壊した時なども補償の対象に含まれるようです。

契約者を母親にすることで、子どものトラブルだけでなく近隣トラブルや会社でのハラスメントまで幅広く使えるので、弁護士は高くて頼めない!と思っていた人も気軽に相談できる嬉しい保険です。

その他、交通事故や不動産トラブル、ネットトラブル、労働トラブル、男女間トラブル、痴漢冤罪トラブルにも対応しているらしいのですが、そうなってくるとなんでもありのような・・・(笑)

学校や加害者へ損害賠償請求ができる!

重大ないじめだった場合は、証拠をそろえることで加害者に、弁護士を通じて治療費や慰謝料の請求ができます。

いじめのために転居する場合も、関連性が認められた時には転居費用も請求できます。

既に起きているトラブルは対象外

あくまでも弁護士保険は、事前に備えるための保険なのですでに起きているトラブルには使えません。

1 2