ラストレター Filmarks試写にて鑑賞 凄い映画を観た… 恐ろしく複雑に組み上げられた脚本がもたらすのは、各々が人生にケジメをつける為の20年越しの切実な愛の暗夜行路。劇中の福山雅治がまさに今の俺自身と重なりすぎて感情がバグってしまった。恐ろしく美麗な撮影にも驚愕。松たか子に泣かされる pic.twitter.com/xKWGo8Znj2

返信 リツイート いいね

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ラブストーリーからサスペンス超大作まで!冬公開のおすすめ「邦画」

2019-2020年冬公開のおすすめ「邦画(日本映画)」6作品。『カツベン!』、『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』、『ラストレター』、『AI崩壊』、『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』、『Red』。

このまとめを見る