1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

hnmelonxxxさん

鈴木紗理奈の気になるニュース

鈴木紗理奈は11月7日に吹き出物やニキビが繰り返して数ヶ月治らないことを報告しました。

顎(あご)に吹き出物ができ、皮膚科に行って治してもまたできる…という状態を数カ月繰り返していたという紗理奈。

治らない吹き出物の原因は?

先生が「原因はストレスから来る男性ホルモン過多。副作用を使って治していきますね」と薬を処方してくれた。

インスタには顎に手をあてたドヤ顔?写真をアップ。「藁にもすがる思い」で服用した薬のおかげで「肌の調子は絶好調」になったと効果を喜んだ。

藁にもすがる思いで、ありがたく頂いたその薬のおかげで肌の調子は絶好調。

副作用の一つに『性欲減退 』もあり、今の私はイケメンマッチョが裸で現れても無反応の予定。

性欲と引き換えに美肌を手に入れた!と嬉しげに報告。

肌荒れはホルモンが関係している?

毎月の月経前にきまってブツブツができる…という女性も多いのではないでしょうか。それこそがまさに、女性特有の肌荒れです。

月経前になると、黄体ホルモンが皮脂の分泌を促進し、さらに男性ホルモンであるテストステロンが多く分泌されるので、ニキビの原因となります。

口のまわりに出やすいというのもホルモン性のニキビの特徴です。対策としては、ピルが有効。ピルを処方しホルモンバランスを整えることで、症状を改善させることができます。

ホルモンバランスの乱れの原因は?

生理周期をくり返す女性の体は、ホルモンバランスによって調子が大きく左右されます。

① 加齢

ホルモンは、若いころにはたくさん作られますが、歳をとるにつれて減少していきます。ホルモンの減少によってホルモンバランスが乱れた結果、体内の機能が低下し、さまざまな不調が現れやすくなるのです。

② ストレス

多忙な生活や精神的な緊張、激しい気温差など、心身が受けるストレスはさまざま。ホルモンの多くは脳の指令によって分泌されますが、脳はストレスに対してとても敏感です。大きなストレスを受けることで脳の機能が低下し、ホルモンを分泌する体の各部位がうまく働かなくなってしまうのです。こうした原因も、ホルモンバランスの乱れにつながります。

③ 不摂生な生活

睡眠不足や暴飲暴食といった不摂生な生活を続けていると、当然、体が受ける負荷は大きく、弱っていきます。その結果、ホルモンが十分に作られず、バランスが乱れる場合もあります。

④ 生理周期

女性ホルモンは、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2種類に分けられます。これらのホルモンは、生理周期とともに分泌量が変化します。そして、この分泌サイクルが乱れると、生理不順が起こりやすくなるのです。

妊娠が成立しない場合、女性の体は一月ごとに生理周期を繰り返します。この短い期間でも、ホルモン分泌量は変化するため、体調も変わりやすいのです。

プロゲステロンの変動が大きい排卵後から次の生理までのあいだは、心身の不調を感じやすい時期のため、できるだけ疲れやストレスを受けないように過ごすことがポイントといえるでしょう。

他に原因がある?

ホルモンバランスの他にも原因はある?

✓ 食べるもの

肌荒れやニキビの原因には、食べ物も大きく関係しています。

1 2