1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『ハイポジ』だけじゃない!「きらたかし」のおすすめマンガ

今井悠貴主演で『ハイポジ』が実写ドラマ化される漫画家「きらたかし」のおすすめ7作品。『赤灯えれじい』、『ケッチン』、『ハイポジ』、『凸凹 DEKOBOKO』、『単車野郎』、『赤灯えれじい 東京物語』、『少女暴走伝説 Fair』。

更新日: 2019年11月23日

4 お気に入り 2223 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『赤灯えれじい』

むっちゃ胸がアツくなる…大阪純情ラブコメディ!! 柳川サトシ19歳、地味でヘタレでフリーター。ガードマンのバイト中に、年上で金髪でケンカっ早いヤンキー娘・チーコに一目ぼれ☆彼女につり合うカッチョい男に…なれるんやろか…?

久しぶりに漫画「赤灯えれじい」を読み返してみたけどやっぱり傑作だなあ。

あまり小説は読まないという友人に、大好きな漫画である「赤灯えれじい」を勧めたら、あまりの衝撃に胸が苦しくて死にたいと言い出した。わかるよわかるよ。最高傑作だよね。

◆『ケッチン』

頭はそこそこ、気弱で寡黙。ハマっているもの……特になし。そんな15歳・ユウの友達は、幼なじみのシュウとマコ。いつも一緒にいたけれど、中学卒業をきっかけに、みんな進路がバラバラに。新たな出会いや経験を通して、平凡だった毎日が動き出す!!

◆『ハイポジ』

天野光彦は妻に離婚を切り出され、会社もリストラされたばかりの46歳。気がつくと16歳の自分の中に。時は1986年。密かに想いを寄せていた小沢さつき。高校時代は話したこともなかった妻の幸子。セピア色だった想い出がカラフルに輝きだす!

今日、ついにきらたかし先生のハイポジ最終巻読ませていただきました!1話から引き込まれて最終話まで青春時代の心残りを漫画を通して振り返る名作でした! 5巻で終わるのは残念ですが私の中に刻まれましたハイポジ #ハイポジ #きらたかし pic.twitter.com/4IXuvbJZDu

普及の名作 甘酸っぱい青春ラプソディ 「赤灯えれじい」の きらたかし先生の近作 『ハイポジ』の あまりのクオリティの高さに うっかり80年代に タイムスリップしてしまった pic.twitter.com/kX2y8DFS43

◆『凸凹 DEKOBOKO』

三原勇希、中学1年生女子。関西在住で子供の頃から趣味のオフロードバイクに乗ってます。関東に引っ越すことが決まった彼女は最後のレースに臨む。幼馴染でライバルでもある伊藤清志に淡い恋心を抱き戸惑う彼女は「あいつに勝ったら好きって言おう」と秘かに決意するが。

実際にエンデューロやってるきらさんだからこそのリアリティと間がいいねえ。:凸凹 DEKOBOKO/きらたかし 第1話「最後のレース」 - モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト モアイ moae.jp/comic/dekoboko…

「凸凹 DEKOBOKO」特集、きらたかし×三原勇希対談 (1/4) - コミックナタリー Power Push natalie.mu/comic/pp/dekob… ちょっ何此れまるで我が高校生時代の夢じゃ無いか!!!ああああばいく乗りてぇええええええ

◆『単車野郎』

喜びも怒りも哀しみも、そして当然、楽しみも、単車と共にわかちあってきた、きらたかしの青春バイクグラフィティ!単車好きはもちろん、きらたかしファンも大満足間違いなしのエッセーコミック。

これ、読み出すと止まらないんですよねぃ。DT50とかセローとかKDXにCRM、とりあえず馴染みのあるバイクがどんどん出てくるです。 「単車野郎」きらたかし著・講談社 pic.twitter.com/ZTsSHLClyn

昨日Kindleで きらたかし先生の「単車野郎」を読み耽ってたので、学生のころ乗ったり憧れたり全く興味無かったりした原付きが今すごく欲しい。欲しいんすよ。

◆『赤灯えれじい 東京物語』

サトシとチーコの後日談を描いたシリーズ読み切り『赤灯えれじい 東京物語』が、ついに単行本化!さらに、描き下ろしエピローグも特別収録!その他3作品。

またマンガ読んでる。きらたかし「赤灯えれじい東京物語」赤えれの完結編。蛇足なんじゃ?と思いつつ読み始めたが、本編の最終回よりよかった。サトシ幸せになれよ

1 2