1. まとめトップ
  2. 雑学

まじか…ヘビは7000万年も「足」を持ち続けていた

※ヘビの画像があるので苦手な方は注意して下さい。

更新日: 2019年11月22日

10 お気に入り 27721 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■世界中に生息する「ヘビ」

これまでに3000種以上が確認され、大きさは様々だが、いずれも体が細長くて四肢が退化しているのが特徴。

■そんなヘビについて衝撃のニュースが

米科学誌『サイエンスアドバンシズ』に20日、「ヘビは7000万年にわたり後ろ足を持っていた」という論文が発表された。

■ヘビの進化

ヘビの起源には不明な点も多いが、1億7400万年前~1億6300万年前にトカゲの一部から派生。

当初は4本の手足があったが、現生のヘビのような生態に進化(退化)したと考えられている。

■しかし、多くの謎が残っていた

そのため、ヘビに手足があった期間については「四肢のない現在の体形に適応するまでの過渡期に過ぎない」との見方もあった。

■今回の研究結果は謎を解き明かす大きな手掛かりに

研究者は、アルゼンチン・パタゴニア北部にある9,300万年前の白亜紀後期の地層から「ナジャシュ・リオネグリナ」という原始的なヘビの頭がい骨の化石8個を発見。

ナジャシュは頰骨弓などトカゲに似た原始的な特徴がある一方、頭がい骨から頰骨につながる骨がないなど、現生のヘビに近い特徴も併せ持つ。

あごの関節の一部などにはヘビとトカゲの中間的な特徴も見られる

この化石を分析した結果、7000万年の間、後ろ足を備えた体形で安定的に生息していたことが分かったという。

■単なる過渡期ではなかった

ヘビの手足は移動には使われず、獲物や交尾相手をつかまえるために使われていたと考えられている。

TL遡ってるとちょいちょい出てくる初期のヘビの絵にいちいちビックリする 足があったらしい。。。ってニュース。

7000万年ものあいだ足が要るか要らないか悩み続けたヘビとかいう種族

古代エジプトの壁画には、脚のある蛇がバンバン登場するんだけど、もしかして、5000年前には脚のある蛇が生き延びていたとか⁉️と思ってしまう 初期のヘビ、7千万年にわたり足があった 新化石から判明(CNN.co.jpheadlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191121-…

蛇足… 初期のヘビ、7千万年にわたり足があった 新化石から判明 cnn.co.jp/fringe/3514575… @cnn_co_jpさんから

■ちなみに…

現生する一部のヘビにも足の名残がある

1 2