1. まとめトップ

日本の精神医療の実態とは?精神障害者などの患者を救うために

日本の精神医療は未だ入院中心主義の考えがあると言われています。精神医療の現状と課題とは?本記事はそんな日本の精神医療の実態についてのまとめです。

更新日: 2019年11月22日

2 お気に入り 1021 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

011beeさん

日本の精神医療の現状

日本の精神科病院は、世界的にみても入院者数がきわめて多いといえます。半数近くが強制入院(医療保護入院や措置入院)であり、任意入院者も多くが閉鎖処遇を受け、長期入院を強いられています。

身体拘束・隔離などの行動制限も近年大幅に増加しています。障害者権利条約が批准され、障害者差別解消法が施行されても、この現状は変わっていません。

身体拘束は10年で2倍近く(5109→10673人)増えています。全体の半数以上(186,675名)が1年以上の長期入院です。

日本の精神医療は患者をダメにしている!?

1970年に朝日新聞の記者だった大熊一夫さんが精神病院内での患者への暴力をルポして、社会問題になりました。

「患者のため」の身体拘束が招く死。処方薬の影響で体中に入れ墨をした女性、万引を繰り返した会社員や衰弱後に突然死した自閉症患者。

担当医は患者家族から逃げ回り、「親の代わりに殴った」と開き直る。半世紀前と変わらない医療現場がある。臭い物にふたは一般的ですが、精神医療には社会のひずみが凝縮していると感じます。

こうした状況を、多くの人はおかしいと感じるはずですが、そうなっていないのは、まさに患者を病院に閉じ込めて、リアルな患者の姿を見せていないから。

『精神病の患者さんというのは問題行動を起こす』というスティグマ、偏見が、実は一般の人たちだけじゃなくて、精神科医も結構持っていると。

だから、暴力を振るうとか、自殺未遂をするとか、そういう問題が懸念されている結果として、入院中心主義がある。

その理由は、医者に言わせると、患者さんの安全を守るためであるという言い方をすることが多いですが、ある意味その患者さんの安全という名目で尊厳を傷つけていると言ってもいいわけです。

精神医療が抱える課題に「オープンダイアローグ」が有効!?

最近、フィンランド発祥の「オープンダイアローグ」と呼ばれる精神療法が注目されている。

「開かれた対話」と訳される。統合失調症、うつ病、引きこもりなどの治療に大きな成果をあげており、発達障害の治療法としても期待されている。

ミーティングの参加者は患者、家族、医師、看護師、セラピストらで、1回当たりの時間は1時間半程度。参加者全員が平等な立場で、症状が改善するまで毎日行われる。

まずは従来の精神医療というものは、薬物療法が進歩すれば、うつ病も統合失調症も最終的には全部治るという目標で頑張っていたわけです。けれども最近になってそれは限界があると。

確かに進歩したんですが、そろそろ頭打ちになってきていて、統合失調症の薬も新薬がかなり効くものが出てきましたけれども、それでも治らない人がたくさんいるということが分かってきました。

正しい診断をして、正しい薬さえ出していれば治るはずだという信念が、なかなか払拭できないというところが強いと思いますが、結局それで治りきらない人がすごく増えているという現実があると思います。

日本の精神医療についての実態まとめ―ネット上では

精神科が怖いなんて誰が言い始めたんだろうね ・精神疾患は誰でもなり得る ・薬は医師の処方どおりに飲めば癖になるなんてことはない ・病棟に牢屋みたいな部屋は無い ・精神障害者の犯罪率は健常者より高いわけじゃない 精神医療への正しい知識が広まったら、もっと多くの人が助かるのになぁ

(引用)精神障害者の社会復帰という観点で、日本の地域精神医療は非常に遅れているといわれています。一方、医療観察は保安処分的な性格を持ち、人権上の問題を指摘する人もいますが、司法の目が入り、枠組みがしっかりし、結果として治療体制が手厚いともいわれています。

精神医療、行政も現場も問題含みだと思う。 そして薬の問題。 まずはルールをルールどおりにやってほしい。 精神保健福祉法、障害者権利条約、障害者差別解消法、額面通りにやることから。 ブラックボックスではらい予防法、優生保護法の二の舞。

精神科通院のための自立支援医療、障害者手帳や年金。精神医療は、こころや精神症状だけでなく、患者さんの生活全体を支える診療科であるのだから、常に取得の可能性を医療側で検討し患者さんに情報提供しないといけない。

日本の精神医療が抱える課題にさまざまな角度から光を当てる第62回日本病院・地域精神医学会総会沖縄大会が11、12の両日、那覇市の県男女共同参画センターてぃるるなどで開かれた。12日の市民公開講座では精神障害者を自宅の一角などに隔離する「私宅監置」をテーマに関係者が報告した。 琉球新報 pic.twitter.com/17efV3IdNl

この意見もわかります。発達障害の概念を早くに確立できなかった日本の精神医療にも非は十分にあるし、障害者福祉のすそ野を広げなかった日本政府こそ批判されてしかるべきだと思いますよ twitter.com/hyper_autism/s…

1 2