1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ストレスによる突発性難聴についてまとめました。

朝起きたら突然…

これは私の実体験です。最近、耳のきこえが悪いなと感じてはいたが、そこまで気にせず過ごしていました。けれどもある朝、急なめまいにおそわれ、歩くこともままならず、横になっていても天井がぐるぐると周り、さらには強い吐き気に襲われました。その日はたまたま仕事が休みで、横になってしばらく落ち着くまで様子をみました。

病院を受診

しばらく横になって、強い吐き気に襲われ、ふらふらしながらも歩いていける距離に耳鼻科があったので、受診しました。そこで、最近耳のきこえが悪くなっていたことを話し、先生からは普段の生活についてきかれました。すると、どうやら、このめまいも耳のきこえが悪くなっていたのもすべて、ストレスが原因だったのです。その当時わたしは、働いていた職場で、強いストレスを感じていました。それでも仕事だからと休まず働いていたわけです。その結果、体が悲鳴をあげ、耳のきこえが悪くなったり、めまいを引き起こしたのだそうです。強い吐き気はめまいによるもので、めまいを起こすと吐き気も催すようです。

突発性難聴とめまい

そして、診断の結果、ストレスによる突発性の難聴と突発性のめまいだとわかりました。わたしの場合めまいがあまりにひどかったので、即効性のあるめまいに効く注射をうってもらいました。

治るまでに数ヶ月かかる

ストレスによる突発性難聴とめまいとわかったのは良いのですが、なんと薬を飲み始めてからめまいや耳のきこえが良くなるまで数ヶ月もかかってしまったんです。さらに、一度悪くなってしまった耳のきこえは完全に治すのは難しく、今でもきこえづらさが残っています。

ストレス環境を改善

あまりのめまいのひどさに仕事の継続は難しく、退職。するとストレスの一番の要因となっていたものがなくなり、治りがぐっと早くなったんです!お酒やたばこも、難聴やめまいの治りを悪くさせるそうです。たばこはもともと吸っていなかったので、お酒をやめました。そして、家事なども無理しない程度に行い、安静にするのを心がけつつも、ストレス発散に遊びにいくこともありました。そうしていくうちに、ストレスだらけの生活からストレスフリーまではいかないけれども、それに近い生活をおくるようにしてストレス環境を改善しました。

誰にでもおこりうるもの

わたしが実際になった、難聴もめまいも、強いストレスにより誰にでもおこりうるものです。難聴は大きな音で音楽を聴いたり、イヤホンを長時間つかっていたりしたらなるようなイメージではありますが、強いストレス環境にいるだけでも難聴を引きおこしてしまうんです。難聴は早期に治療をすればある程度回復しますが、時間がたちすぎると回復は見込めなくなります。そして、難聴になってしまうと自然に治るものではありません。おかしいなとおもったら、早めに受診することをおすすめします。

さいごに

わたしの実体験をもとに、ストレスによる突発性難聴、突発性のめまいについて解説しました。もし、これを呼んでるあなたが強いストレス環境にいたり、実際に耳のきこえが悪くなっていたりするのであれば早めの受診をおすすめします。そして、そのストレスを取り除き、生活を改善しましょう。ストレスは、難聴やめまいだけでなく、不眠やうつまでさまざまなものを引き起こします。ストレスフリーの生活を目指して毎日を楽しく過ごしましょう。

1