1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

yurinl.sakuさん

12月2日発売!数量限定グリューワイン

2019年12月2日(月)より、ヨーロッパの冬の風物詩、温めて飲む「グリューワイン」とオリジナルデザインの「グリュー ワインカップ」のセットを数量限定で発売します。

グリューワインって?

ワインにシナモンなどの香辛料やシロップを加え、温めて作る「グリューワイン(Glühwein)」。

本場・ドイツのクリスマスマーケットでは、クリスマス柄のマグカップを片手に楽しむ人がたくさん

実は自宅で簡単に作れちゃう!?

基本は材料をお鍋に入れて温めるだけです。ドイツのグリューワインは赤ワインを使うことがほとんどですが、少数ながら白ワインのグリューワインが飲める屋台もあって大人気。

赤ワイン 1本……酸味の少ないものがおすすめ。安いテーブルワインで十分です
オレンジ 1個……できればビオ(オーガニック)のものを皮ごと使用
りんご 1個……オレンジと同じくできればビオのもの
シナモンスティック 1本
クローブ(丁子) 5粒
砂糖(またははちみつ) 大さじ3杯~……ワインの酸味によるので味見をしながら調節。はちみつを加えるとぐっとコクが出ます
ほかにカルダモン、ジンジャー、バニラ、レモンなどお好みでどうぞ

1オレンジとりんごはできればビオのものを、皮ごと使うのがおすすめ。手に入らなければ皮を剥いてから、オレンジは輪切り、りんごはいちょう切りにしておく。
2ワインと砂糖(はちみつ)を鍋に入れ、弱火で人肌程度になるまで温める。沸騰するとアルコール分が飛んでしまうので注意。
3お茶パックに入れたシナモンスティックとクローブを鍋に入れる。
4オレンジとりんごを鍋に入れて弱火でさらに温めてできあがり!

① 鍋に白ワイン、ドライイチジク、オレンジスライス、カルダモンを入れ中火で熱する。

② 沸騰寸前で火を止め、漉して容器に注ぐ。

③ 飾りで一緒に煮たドライイチヂク、オレンジスライスを器に入れたら完成。

ホットワインといえば赤のイメージが強いかもしれないが、白ワインで作ったほうがクセがなく、渋みも少ないのでさっぱりとした飲み口に仕上がる。

SNSでは買わなきゃという声が

そろそろグリューワインの季節ですかね?カルディ行って買ってこよう。

カルディの グリューワインのセット、 買うんだもーん! 白は買い損ねたけどね。 赤は絶対に欲しい…と思う。

おススメ飲みやすいワイン、甘いの好きなら今の季節カルディにグリューワイン売ってるし、後は普通に安くて美味い赤玉とシャトー勝沼は間違いない 白ならシュヴァルツカッツ

カルディのグリューワイン買う!あと年末ジャンボ!

別のグリューワインを買ってあったまってる人も♪

カルディで買ったグリューワイン、シナモン?スパイスとフルーツの香りでとっても美味しかったー♡ ホットワイン用なんだけど、アイスでも飲めて、スパイスで体がポカポカするからこれからの時期な良さそう! pic.twitter.com/o5YRjWAs0i

1 2