もともとは「コンパクトなボディーでFRレイアウトのセダン」として開発がスタートしたが、後に同時期に開発途中だった他のスポーツセダンと統合され、さらにレクサス店の販売戦略における欧州Dセグメント車(BMW・3シリーズやメルセデス・ベンツ・Cクラスなど)の対抗車種としての役割も担うことになったため、スポーツセダンとプレミアムセダンの両方の役割が求められることとなり、高剛性かつ日欧米の各地域の基準をクリアする衝突安全ボディーが採用された。そのために高出力のエンジンを搭載する一方、重量が当時としてはやや重めの1,300kg∼1,400kgとなった。

出典トヨタ・アルテッツァ - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

Dream with FR Sport「アルテッツァ(XE10)」

1998-1999日本カー・オブ・ザ・イヤー (COTY) 受賞したトヨタの「アルテッツァ(XE10)」を紹介します!

このまとめを見る