1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

地図に記載されていたが存在しない幻島

島の中にはきちんと確認される前に”発見”され、地図に書き加えられるものがある。発見者はしばしばこの目で見たと主張したり、実際に上陸したと主張する。だが調査隊が派遣されるとあるはずの場所に島はない。

一度はその存在が信じられ、一定期間地図(海図)上にも記載されたが、後の調査でその存在が否定され、地図上から削除された島のことを幻島と呼ぶ。

ここではそのような幻島を集めてみた。中には作り話だったものもあるが、どの島も発見されたと報告されたもので、実際に地図に記載されていたものである。

フリスランド

存在しない島、フリスランド。

この島は長期にわたって地図に描かれた上に、長い歴史まであるとされていました。

1558年、ベネチア出身のニコロ・ゼノは、彼の祖先が1380年代にフリスランド(Frisland)という島を発見したと主張した。

ゼノによれば、島の位置はアイスランドの南で、その東にはノルウェー、西にはエストティランド(Estotiland)があるのだという。

エストティランドは、北アメリカにあるニューファンドランドかラブラドールだった可能性があるが、そうだとするなら、ゼノの祖先はコロンブスより先にアメリカ大陸を発見していたことになる。

ゼノは売名行為のためにフリスランドの話をでっち上げたと考えられている。だがベネチア人は彼の嘘に飲み込まれてしまった。

当時スペイン、フランス、イングランドの海軍によってベネチア海軍は劣勢に立たされていたが、ベネチア人は海軍にきちんと関与し続けて欲しいと望んだからだ。

いくつかの地図に記載されていたフリスランドだが、19世紀に作り話と宣言された。それでもいくつか目撃証言はあり、1576年に英国人のマーティン・フロビシャーがグリーンランドをフリスランドと勘違いし、1580年にはジョン・ディーがイングランドをそれと勘違いした。

また1989年には文献学者のジョルジオ・パドアンが、ゼノは本当のことを言っていたと主張。彼によれば、新世界を発見したのはコロンブスではなくイタリア人だったのだそうだ。

フリスランドについての衝撃的動画!!この動画を見ると、もしかしたら存在するのかも知れないと思える!!!

1