1. まとめトップ

【キムチ】今さら聞けない韓国グルメの基礎知識【ビビンバ】

韓国料理の基礎知識をここで一気に紹介してみます

更新日: 2019年11月25日

2 お気に入り 1155 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ここで一気に韓国グルメをおさらいしてみました。

1 ビビンバ

ビビンバ(朝鮮語: 비빔밥ピビムバプ, 교반/攪飯キョバン)は、韓国料理の一つ。ビビンパ、ピビンバ、ピビンパなどとも表記される。
丼や専用容器にご飯とナムルや肉、卵等の具を入れ良くかき混ぜて食べる料理(写真参照)。コチュジャンやごま油等の調味料をかけ、匙(スッカラク)でよく混ぜてから食べる。少量のスープを振りかけると混ぜやすい。ご飯の上に盛られている具は本来五種類とされ、手前・奥・右・左・中央に分けて盛られている。

石焼きビビンバは日本で考案された

石焼ビビンバは、岩から切り出した専用容器を高温で加熱してから材料を入れて供するもので、おこげの香ばしさと共に熱々のまま食べられる。

日本においては、牛肉や野菜などを入れる事と共に石焼で食べるなど、新しい食べ物となっている。これは日本国外にも伝わった。

2 チヂミ

チヂミ(지짐이[1]または지짐[2])またはチジミは、韓国料理の一つ。様々な食材を溶いた小麦粉などと合わせ、油で平たく焼いた粉食。雨の日になるとチヂミを食べる俗習があるが、これはチヂミを焼く音と雨の降る音が似ているため。荒天時は買い物が面倒なため、家に常備した小麦粉で食事を調えるという意味合いもある。祭祀に欠かせない料理でもある。

3 サムギョプサル

サムギョプサル(朝鮮語: 三겹살/삼겹살; 中国語: 三層肉)とは、スライスした豚のバラ肉を焼いて食べる朝鮮の豚バラ焼肉である。「サム」は数字の3、「ギョプ」は層、「サル」は肉を表し、日本でいう三枚肉すなわちばら肉を意味する。一般的に「サムギョプサル」と言えばこの豚の三枚肉の焼肉料理のことを指す。発音はパッチムと濃音化で発音は「sam-gyeopssal」(サムギョッサル)となる。

4 クッパ

クッパ(朝: 국밥)は韓国料理の一種で、スープと飯を組み合わせた料理である。「クク」がスープ、「バプ」が飯を意味する。

日本におけるクッパ

焼肉店での定番料理の一つであり、飯をスープで煮た雑炊のような料理である。
鶏卵などが入ったあっさりとしたスープにご飯が入ったクッパと、辛めのスープにカルビが入ったカルビクッパが多く提供されている。

5 サムゲタン

サムゲタン(参鶏湯)は、韓国料理の一つ[1][2]で、鶏肉と高麗人参、鹿茸、ファンギ(キバナオウギ)などの漢方ともち米、くるみ、松の実、ニンニクなどを入れて煮込んだ料理である。薬膳料理や補身料理(ポシン料理・滋養食)ともされている。

6 キムチ

キムチ(朝鮮語: 김치)は、白菜などの野菜と、塩・唐辛子、魚介塩辛、ニンニクなどを主に使用した漬物[2]。かつては朝鮮漬けとも呼ばれる。 単独で、あるいはつけ合せ(特に焼肉店)として食べられるほか、豚肉と一緒に炒めた「豚キムチ」などの材料や、チゲの具(キムチチゲ)としても用いられる。

元々は保存食だった

キムチは、もともとは朝鮮半島の厳寒期に備えた保存食であり、野菜を塩漬けしたものからはじまった。これに香辛料としてのニンニクやサンショウなどを加えるようになったのが、キムチの原型である。16世紀に日本から朝鮮半島に唐辛子が伝えられると、栽培や加工が容易な唐辛子がサンショウに代わって用いられるようになった。

7 チゲ

チゲは、キムチや肉、魚介類、豆腐などを出汁で煮込んだ朝鮮半島の鍋料理のひとつ。

日本におけるチゲ

日本では朝鮮半島風の鍋料理を「チゲ鍋」と表現することがあるが、朝鮮語の「チゲ」には「鍋料理」の意味をすでに含むため、言葉としては重複している(重言)。チンゲン菜を入れる家庭もある。
キムチの知名度の高さからキムチチゲ(キムチ鍋)が代表として挙がるほか、アレンジ料理も多い

1 2