1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

2019年は11/21(木)にボジョレー解禁!

今年もやっと解禁! 楽しみに待ってたー!! ほんとに毎年これを楽しみに生きてると言っても過言ではない 買い占めたいなー笑笑 #ボジョレー pic.twitter.com/dWoVxA6uh1

遅くなったけど、やっとひといきついたのでこれからボジョレーいただきます(*´ω`*) pic.twitter.com/H5WCNYoDle

ボジョレー・ヌーヴォーって?

ボージョレ・ヌーヴォとは、フランス南部ブルゴーニュ地方のボージョレ地区で、その年に収穫された「ガメイ種」というぶどうから造られる新酒のことです。

よくテレビなどで「ボジョレー解禁!」というフレーズを見かけますが、あれは毎年11月の第3木曜日に、全世界の人が一斉にボジョレー・ヌーヴォーを飲み始めることを指します。

今年もボージョレー美味しく頂きました。毎年そうそうこの味って飲むたび思い出す、一つの赤ワインにすぎないんだけど、確実に一年が過ぎ去ったことを教えてくれる、人生のマイルストーンのようなものでしょうか。 pic.twitter.com/9MEnipbtTY

ボージョレ・ヌーヴォは、フレッシュな果実味が持ち味で、しかも渋味が少ないので、10℃~13℃くらいに軽く冷やすと最も美味しく飲むことができます。

今年のボジョレーの特徴をチェック

2019年のボジョレ・ヌーボー、生産者に聞くと、「凝縮した果実味と上品な酸味が味わえる」という。

マルセル ラピエール シャトー カンボン ボジョレー ヌーヴォー2019 まずこれから飲んでみる! 苺みたいな甘酸っぱさに加え ほのかな甘味(´∀`*) #ボジョレーヌーボー #ボジョレー #解禁 #マルセルラピエール #フランス #ガメイ #赤ワイン #ワイン #自然派ワイン #ヴァンナチュール #vinnaturel pic.twitter.com/2vaur5YxKT

ボジョレー、頂きました 今年も去年とは全く違う素晴らしさで、質の良い物をありがとうございます

やっぱりボジョレ―飲んでます。 後ろのスペイン赤は超優秀。 今年のボジョレー酸味もほどほど。 pic.twitter.com/59PybMUKUn

ヨーロッパと日本の経済連携協定により、フランス産のワインが、2019年2月から関税がゼロになり、ボジョレ・ヌーボー全体の価格が、2018年と比べて、だいたい50~90円ほど安くなっているという。

近所のスーパーでフランス産ボジョレー980円やった。 風邪の時は、体をあたためないとなと、言い訳して呑む pic.twitter.com/J0mKOWxxJ0

カフェなのに500円でボジョレー飲み放題…ベローチェの攻撃力すごい✨ pic.twitter.com/OsduWJPBh1

1 2