2018年3月に高崎で開催されたワールドカップでは妹と共に全勝し、日本チームも優勝する。6月には全日本選抜選手権の59kg級に出場して優勝した。前年12月の全日本選手権ではこの階級で妹が優勝していたために、7月には妹とのプレーオフにより世界選手権代表が決まるはずだったが、妹が今大会では62kg級で優勝したためにプレーオフは行わずに、59kg級で世界選手権代表になった。8月のアジア大会では62㎏級に出場するも、準決勝で63㎏級の世界チャンピオンであるモンゴルのプレブドルジ・オルホンにフォール負けを喫して3位に終わった。これにより、2015年の世界選手権決勝で敗れて以来続いてきた連勝記録も31で止まった。しかしその後、プレブドルジのドーピング違反が発覚した。10月の世界選手権では決勝でヨーロッパチャンピオンであるトルコのエリフジャレ・エシリルマクを8-0で破って2連覇を果たした。12月の全日本選手権には57㎏級に出場して一次リーグで伊調とのオリンピックチャンピオン同士による対戦になったが、2-1で破って日本の選手として17年ぶりに伊調に勝利したものの、決勝では2-1でリードしながら終了間際に2ポイントを取られて、2-3で逆転負けを喫した。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

石川県津幡町出身の女子レスリング選手・川井梨紗子さんの来歴・人物

石川県津幡町出身の女子レスリング選手・川井梨紗子さんの来歴・人物

このまとめを見る