1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

世界中で猛威…マルウェア「Emotet」が恐ろしすぎる

セキュリティは常に万全にし、うかつに添付ファイルを開かないように!

更新日: 2019年11月28日

29 お気に入り 63542 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■いま、恐ろしいマルウェアが世界中で猛威を振るっている

JPCERTコーディネーションセンターは27日、マルウェア「Emotet(エモテット)」の感染報告が、世界規模で拡大しているとして注意を呼び掛けた。

■「Emotet」とは

2014年に初確認され、その後も進化を続けている

2014年に初めて確認され、当初はオンラインバンキングのIDとパスワードを窃取するトロイの木馬として利用されていた。

その後、サイバー攻撃グループが繰り返し機能を拡張し、自己拡散機能や感染した被害者のメールを大量に収集することが可能に。

現在ではオンライン詐欺や情報窃取、不正プログラムの拡散など多機能なサイバー攻撃基盤のボットネットと化した。

特徴は「強力な自己拡散能力」

JPCERTによると、実在の人物や組織になりすましたメールを送り付け、添付ファイル(主にWordファイル)に含まれるマクロと呼ばれるプログラムを動作すると感染。

感染したPCは攻撃側の支配下に置かれ、保存されたメールアドレスの連絡先や本文を盗み取って新たななりすましメールを作成。

このなりすましメールは被害者に無断で送信され、周囲のPCへ次々と感染を広げていく。

■今年9月以降、世界中へ急速に拡散

日本国内でも被害報告が相次ぐ

しばらく鳴りを潜めていたが、今年9月中旬より活動を再開し、欧米を中心として急速に拡大。

10月後半から国内でも被害が増えており、これまでに400以上の組織を名乗ったなりすましメールを観測。

多くは中小企業で、組織内のシステムにウイルスが感染した結果、情報が外部に流出した可能性があるという。

今も拡大を続けており、事態の収束には時間がかかる見通し

■感染するとさまざまな被害に遭う恐れも…

情報を盗まれるほか、別のウイルスに感染させられてシステムやデータを破壊される、身代金を要求される被害も報告。

仕事でエモテットに感染してるメール来たなぁ……

実在の人物や組織になりすましたメールを送り、#添付ファイル を開くことで感染するウイルス「#Emotet」(#エモテット)感染被害が世界規模で拡大 添付ファイルは開かない、を原則としているものには、慎重に確認せず添付ファイルを開くこと自体が信じがたい軽率。 感染したら被害は計り知れない。

エモテット?なりすましメール?どーやったら変って気づけるんだろうねえ・・・。

■感染防止のためには…

現在、海外の複数の公的機関がアドバイザリを公開しており、JPCERTも手法や感染後の対応を掲示し、拡大防止のための注意喚起を実施中。

1 2