1. まとめトップ

こうやって騙される!国際ロマンス詐欺に気を付けろ!

TV番組「じっくり聞いタロウ」より抜粋。

更新日: 2020年01月17日

0 お気に入り 462 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kotsukotsu7さん

◆国際ロマンス詐欺とは?

インターネットのSNS等を使って行う恋愛詐欺。
女性に恋愛感情を抱かせて金をだまし取る。

今現在、ほとんどのサイトに詐欺師がいると思われる。Facebookが特に多い。

幾つかのストーリーがあるが、一番多いのが、アメリカ軍やイギリス軍の兵士を語り、アフガニスタンやシリアの戦地にいると言う。

ターゲットは40~50代女性。特に未婚女性やシングルマザー。
最初はアメリカ圏が多かったが、今はアジア圏の女性がターゲットにされている。
*逆もある。アメリカ軍の女性から日本人男性にメッセージが来る。

相談窓口には、連日30件以上の被害報告が寄せられているが、海外からの犯行のため、治外法権で詐欺として立件できないのが現状。

◆最も大きい被害金額は4500万円!

被害者は10歳の子供をもつシングルマザー

始まりは、心当たりのないメールが届き、「間違ってますよ」と返信した。
それから5年間、シングルファーザーのイギリス軍人(詐欺師)と付き合った。

最初の被害は約1か月後。
「プレゼントを贈るよ。中には子供のおもちゃと君への指輪が入っているよ。」と、荷物の画像を見せられる。が、後日、マレーシアの税関で5万円の手数料がかかってしまったので立て替えて欲しいと言われる。

立て替えてあげるという名目で払った。

それからも、
・荷物の中に現金を隠し持っていて、税関で見つかり違約金がかかる。
・荷物が○○宛だと証明するために証明書発行手数料がかかる。

他にも、
・シリアへ転勤するための費用を貸して欲しい。
・戦地でうつ病になり、その治療費用を立て替えて欲しい。
・日本に向かったが入国が許されず、韓国に滞在することになったので生活費を貸して欲しい。

と続く。

極め付きが、結婚・・・

ある日、弁護士から軍の結婚証明書の画像が送られてきて、
「あなたと彼は結婚することになりました。このように、あなたと彼は家族になったのだから、彼に何か起こったら全責任が妻のあなたに降りかかります」と言われる。

それから、
・彼が病気をしたと、病院から連絡が来る。
・彼の子供が銃で撃たれた。

等、次々と連絡が入るようになる。

最後の方は脅迫に変わっていき、詐欺と分かっていても追い詰められて払ってしまった。

その数、5年間で80回。合計4500万円支払った。

シングルマザーだが、親の遺産があったので支払えた。
最終的には遺産を全部使い果たし、自己破産。。。

◆絶対に騙されてはいけない!詐欺の巧妙な手口!

〇詐欺師はどこにいる?

・世界中にいる。
一番多いのは、アフリカ系のナイジェリアやガーナ圏の若い黒人男性グループ。
お金があるところからもらって何が悪い?という感覚。

〇手口は?

・白人男性の写真を使い、偽のプロフィールを作り、友達申請をしまくる。

〇なぜ軍人を装う?

・「戦地にいるから」「軍の規制で電話が使えないから」と言い、インターネットのみのやり取りに出来る。

〇どうやって信用させる?

・盗んできた軍服を着た写真を載せる。

・偽造した軍のIDカードやパスポートを載せる。
「本当は誰にも見せちゃいけないIDカードだけど、君だけには見せるよ。でも、誰にも言わないでね」と、『密室の中の二人の隠し事』の様なものが出来てしまい、信じていってしまう。

〇なぜ親しくなってしまう?

・時間をかけてじっくりと信頼関係を築く。(1~2か月)
翻訳ソフトのぎこちない日本語が、「こうしてまで自分と話がしたいんだ、コミュニケーションを取りたいんだ」と思い、日本人女性は優しいので返事をしてしまう。
最初は恋愛感情は無くても、やり取りを続けてしまうとズルズルはまってしまう。

・共感させる
「自分もシングルマザーで大変です」といったように共感する。
また、秘密を教えてくる→自分も話してしまう という様に、信頼関係を築く。

・チームで攻める
交替で四六時中メッセージを送り、いつもそばにいる感覚にさせられる。
また、被害者は眠らせてもらえなくなり、徐々にマインドコントロールされていく。

〇どうお金を要求してくる?

・毎日来ていた連絡が、急に1週間ほど途絶える。
心配していることろに、「仲間が銃で撃たれて死んだ。こんな危ない所にはいたくない。退役したいが違約金が発生する。」と泣く。

・戦地を発つための航空券代、代わりにやってくる兵士の費用などを要求。

・戦地で負傷したので治療費が必要だと要求。

・休暇の申請で金が必要だと要求。

など。

〇お金を払う事に疑問を感じない?

・最初は「自分の代わりにメールを送って」など、それくらいなら出来るという依頼をしてくる。

・それまでに『自分は貧乏じゃない』という証拠を見せておいて、立て替えてとか、貸して等と言ってくる。

・戦地にいて自分のお金が自由にならないと言う。

・僕の事を信じないのかと咎められる。

・その時に相談する人がいなかった。

被害者は皆、「おかしいと思っていた。けど、何で払ってしまったか分からない。。。」と言う。

◆被害に遭わない為に

・軍人、軍医、戦場ジャーナリストに気を付ける!
戦地にいてSNSで女性を探している暇はない。

・Googleで検索する!
決まった文面は、詐欺で使われた文面として出てくる。

・プロフィールの写真を画像検索する!
詐欺の検挙情報などに繋がる。

1