1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

知ってますか…?性暴力で悩んでいる「男性」が多いことを

性暴力の被害者というと女性を思い浮かべる方が多いと思いますが、実は男性でも悩んでいる方が大勢いらっしゃいます。その現実をご紹介します。

更新日: 2019年11月29日

27 お気に入り 200038 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています

PINKMOMOさん

■性被害

被害者の心身に多大な苦痛を与え、人格や尊厳を著しく侵害する性暴力

突然ショックな経験をすると、こころやからだにいろんな変化が生じます。人によってどのような変化が生じるかは違います

内閣府の「男女間における暴力に関する調査」(平成29年度調査)によれば、女性の7.8%、男性の1.5%が、無理やりに性交などをされた経験がある と答えている

■この数字を見てもわかるように男性も性被害を受けている

異性間のものもあれば同性間のものもある

「自分が男性レイプの被害者だと、ひた隠しにした。打ち明けられなかった。タブーなので」

■2017年に法改正されたことで明るみに出ることが多くなった

7月、110年ぶりに大きく改正された刑法。「強姦罪」が「強制性交等罪」に名称変更され、膣だけでなく肛門・口での性行為も構成要件となったほか、男性も対象となった

強姦罪→強制性交等罪 名称を変更、これまで被害者を女性に限っていたが性別を問わないことに

改正のわずか2週間後には、福岡県で飲食店経営の男(41)が男子中学生に強制的に性行為を行ったとして逮捕

■しかし男性の性被害が明るみに出るのは氷山の一角に過ぎない

男性から被害を受けたというと軽蔑されるのではないかと思ってしまう。社会人になってからは、『自分が弱いから つけこまれてしまった』、『自分自身が強くならないといけない』と考えるように

男性被害者への支援やカウンセラーは少なく、無知な人も多いので、勇気を出して告白しても茶化されたり、軽く扱われたりする

男性が自分の性被害体験を認識しづらいもう一つの理由は、周りからも理解されないということがあります

■悩んでいる男性は多い…

被害の内容を人に話すことに対する「恥ずかしさ」や、「明日からよりひどい目に遭うのではないか」という不安が

「男として、泣くわけにいかない。意気地なしだ、弱虫だ、馬鹿だと言われてしまう」

相談したとしても「キモいことを言うな」とか「ゲイの道を教えてもらったな」とか理解不能なコメントが返ってきたり

■この問題は日本だけのものではない

労働や路上生活をする児童など計1万2447人を対象に行った調査によれば、半分以上の児童が性的虐待を受けた経験があると回答。被害者の53%は男子

インドのデータです。

アフガニスタンに残る「バチャ・バジ」と呼ばれる文化をご存知だろうか。バチャ・バジとは、翻訳すれば「少年遊び」という意味

1 2