1. まとめトップ

場を和まる人気者!ユーモアがある人の特徴

話し上手な人にはユーモアセンスがあり、聞き手を笑わせたり楽しませるなど場を和ます能力を持っています。彼らは発想力が豊かで頭の回転も速く、悪意や不快感を与えることはありません。サービス精神も旺盛なことから人気者であることが多いようです。

更新日: 2019年12月01日

3 お気に入り 941 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

・発想力が豊か

ユーモアのセンスがあるというのも、豊かな発想力の持ち主の特徴とも言えます。なぜ、ユーモアのセンスがあるのかと言うと、ユーモアのセンスがある人には様々な知性や状況の判断力、思いやりなどが備わっているとも言えます。

ユーモアで他人を笑わせるということは、その相手の笑うツボを会話の中で探し出し、「この話なら笑ってくれそうだ」や「この話は興味がなさそうだ」といった状況判断を即座に行うことができるということです。

一言で言ってしまえば、「空気が読める人」と言えます。これも、発想力が豊かであるために、頭の中にある引き出しから、相手に合った知識や情報を巧みに活用しているのです。つまりは、頭の回転が早いという人とも言えます。

・人気者

ユーモアがある人の特徴には、ユーモアがある人はいつも輪の中心にいる人気者であることが挙げられます。

私たち人は、自分を笑わせてくれる人、楽しい気持ちにさせてくれる人のところに集まるもの。

ユーモアがある人の話は特定の誰か1人に向けられたものではないため、集団のコミュニケーションをとるためには最適なのです。

ユーモアがある人は周りを笑わせてくれますから、自然と中心になるのです。

・表現や表情が豊か

ユーモアがある人の特徴には、ユーモアがある人は表現や表情が豊かなことが挙げられます。

元々ユーモアがある人はニコニコしていることが多いのですが、話の内容によって神妙な面持ちになったり怖い顔をしたりと、表情がかなり豊か。

表現や表情でも相手を惹き付けることができるので、より話を面白いと感じてもらうことができるのです。

・頭の回転が速い

ユーモアのセンスがある人は、言葉で相手を笑わせます。その場の話の流れや、場の空気にあわせて話すには、事前に用意するというのは難しいもの。

だからこそ、瞬時に状況に合わせて話ができる「頭の回転の速さ」が必須条件と言えます。番組の名司会者の方たちは、ゲストから出た言葉を上手に使っておもしろさを爆発させますよね。これぞ、ユーモアのセンスがある人が持つ「頭の回転が速さ」の力のおかげなのです。

・話し上手

ユーモアセンスのある人は「話」で人を和ませるのですから、話し上手なのは必須ですよね。一言で話し上手と言っても、いろいろな要素があります。「話し上手」の最重要要素とは「表現力」です。

例えば、表情で話の喜怒哀楽を表現したり、話し方で緊張状態を表してみたり、一気に和ませてみたりと場の空気自体を変えることができたり。そのような表現力が、人を話に引き込ませることができるのです。

・サービス精神が豊富

これは「人を笑わせたい、和ませたい」という気持ちが働くからこそユーモアを発揮するのですから、サービス精神がないとやっていけません。根本に、「人間が好き」という思いがあるのでしょう。

そして常に笑わせたいという思いがあるので、手を変え品を変え笑わせてきます。人間が好きでサービス精神が豊富だからこそ、そこまで人を「笑顔にしたい」と思えるのでしょうね。

・好奇心旺盛

ユーモアのある人は好奇心旺盛で、何でも楽しんでしまいます。新しい環境や事柄にも率先してチャレンジし、どんなことでも楽しんで取り組みます。

また、人への好奇心も旺盛です。目の前にいる人に対して「どんな人なんだろう」と興味を持ち、色々な角度から観察します。何事にも「知りたい」「やってみたい」という好奇心があるからこそ、ユーモアの引き出しも増やせるのです。

・変化を好む

ユーモアがある人は常に楽しいことを探しています。退屈なのは苦手です。だから、新しいことにチャレンジして世界を広げようとします。初対面の緊張からくるドキドキも、ユーモアがある人にとってはワクワクと心躍り、未知なる世界には期待と希望を感じて飛び込みたくなります。

・ポジティブ思考

自ら人とコミュニケーションを取りに行けるのは、ユーモアのある人がポジティブ思考だからです。自己肯定感も高く、「きっと良い方向に進む」という自信を根拠なく持っています。特に人間関係に対してポジティブで、次のように考えています。

1 2