1. まとめトップ

日本で愛される日本三大うどん

日本のうどんの中でも代表的な人気の高いうどんの数々、日本三大うどんをご紹介。

更新日: 2019年11月30日

3 お気に入り 683 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

3種類以上ある気もしますが、どれもおいしいです。

moepapaさん

日本三大うどんとは

盛んな各地で、「日本三大うどん」とよばれるものを示しているところがあるが、日本うどん学会によれば、実際には存在せず、それぞれの地域が勝手に称しているに過ぎないものである。

定義する機関や規定が存在しないためで、同学会でも定めていない。 参考として様々な地域で言われている三大うどんとして、香川県の「讃岐うどん」、秋田県の「稲庭うどん」、長崎県の「五島うどん」、群馬県の「水沢うどん」、富山県の「氷見うどん」、愛知県の「きしめん」の計6種類が候補としてしばしばあげられている。

売れ行きや知名度で、「讃岐うどん」、「稲庭うどん」は三大の内ふたつとしては固くて、他一種が様々な種類のうどんで定まってない、と言われることが多いです。

讃岐うどん

讃岐うどん(さぬきうどん)は、香川県(旧讃岐国)の特産うどんである。
香川県において、うどんは地元で特に好まれている料理であり、一人あたりの消費量も日本全国の都道府県別統計においても第1位である。
料理等に地域名を冠してブランド化する地域ブランドの1つとしても、観光客の増加、うどん生産量の増加、知名度注目度の上昇などの効果をもたらし、地域ブランド成功例の筆頭に挙げられる。

日経リサーチの隔年調査では地域ブランドの総合力において350品目中1位となり(2008年、2010年連続)、観光客は行き先選択の理由、香川の魅力の第一にうどんを挙げ、2011年には香川県庁と香川県観光協会はうどんを全面的に推しだした観光キャンペーン「うどん県」をスタートさせた。
古くから良質の小麦、塩、醤油、そして地元ではイリコと呼ばれている煮干しなどが、讃岐国(現在の香川県)の特産品であり、それらうどんの材料の入手が容易であった。元禄時代の一枚の屏風絵にも複数のうどん屋を認めることができる。

時代が下り、現在の地域ブランド名称として広く知られるようになったのは、うどんを名物とし始めた1960年代頃と考えられている。
香川県のうどん店や家庭で作られるうどんを指すとともに、日本全国各地の飲食店でもうどん料理が当名称で供されていたり、冷凍食品などとして手軽に購入できたりするなど、香川県外の地域でも容易に食せる料理として広まっている。

香川県民の生活の中で、うどんは特別な位置を占めている。香川県におけるうどん生産量の推移(ゆで麺・生麺・乾麺の合計、香川県農業生産流通課調べ)は、1980年代は1万トン台中盤から2万トン台中盤、1990年代は3万トン強から4万トン台後半、2000年代前半は5万トン弱から6万トン台中盤であった。2009年の生産量は59 643トン(小麦粉使用量)、全国1位であり、2位の埼玉県の2倍以上となっている。1980年にはわずか5%でしかなかった日本国内シェアは、以後四半世紀で四半分に迫るほどの伸びを見せた。

そういや昨日は携帯忘れてたが 20:00までの讃岐うどん屋でぬるいワインを飲んでいた やっぱりうどんとかには日本酒が合うね pic.twitter.com/vZDlOZSBps

いまの仕事では、讃岐うどんをお土産にもらう機会が多い。プノンペンなのにこの半年で5年分くらい食べたよ。茹でるのめんどくさいけど。東京にいたころはそば派だったから。コロッケそばが食べたいなぁ。 #讃岐うどん #うどん県土産 #山田家うどん @ Phnom Phen, Cambodia instagram.com/p/B5cyg7SlbuC/…

【讃岐うどん河野】 @東京:要町駅から徒歩8分 香川県から直送された伊吹島産イリコ使用のかけうどん(400円)を食べられるお店。 毎朝、その日に使う新鮮なイリコのみを取り扱っており、イリコの旨味がスープに溶け込んだ逸品! トッピングのイリコ天(100円)もジューシーで、うどんによく合います! pic.twitter.com/VrM1fXyYyY

肉釜玉と鯖鮨。最強コンビ。長崎で味わう絶品讃岐うどん。肉の日で50円引きもサプライズなプレゼントでした。#長崎 #nagasaki #udon #うどん #讃岐うどん ift.tt/2DyJJfv pic.twitter.com/cLF0zAiBE9

稲庭うどん

稲庭うどん(いなにわうどん)は、秋田県南部の手延べ製法による干しうどんである。日本三大うどんのひとつに数えられる。
ひやむぎより太く、やや黄色味かかった色をしている。
製法としては、うどんというより、そうめんに近い。打ち粉としてデンプンを使う点や、平べったい形状が特徴。ひねりながら練るという独特の製法により、麺は気泡により中空になっている。そのため滑らかな食感が得られる。

一般的に流通しているのは乾麺であるが、地元および県外のアンテナショップ等では半生麺も入手できる。
稲庭うどんについて記述のある「稲庭古今事蹟誌」によると、寛文年間以前に秋田藩稲庭村小沢集落(現:秋田県湯沢市稲庭町字小沢)の佐藤市兵衛によって始まると伝えられている。また、秋田には同じ製法で作った「稲庭そうめん」もある。
各地に伝わるふるさとの味として、2007年(平成19年)、農林水産省により「農山漁村の郷土料理百選」として選ばれた。

【銀座 佐藤養助】 @東京:銀座駅から徒歩4分 洗練された稲庭うどんを食べられるお店。 稲庭うどんの名店で、美しく仕上げられたうどんはなめらかでコシがある細麺!ずっと食べ続けていたいくらい心地よい食感がたまらない 二味せいろをオーダーすると醤油&胡麻味噌の2つのタレで楽しめます✨ pic.twitter.com/gIr8pHHTyz

夕飯は生湯葉丼と釜揚げ稲庭うどん (@ 茶寮 帝塚山「季」TOKI / 福壽堂秀信 in 大阪市, 大阪府) swarmapp.com/sanchu_8006/ch… pic.twitter.com/qkKy2dWAt4

地鶏タタキ ヨコワ刺身 コチ唐揚げ 稲庭うどんでフィニッシュ 適当に入った店だがうまい pic.twitter.com/65itVZGbr5

1 2