1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

makaizouさん

韓国金融委員会の委員長が”バブルだ”とはっきり言い切った

そのバブルが今にも崩壊する危険性があるとして備える必要性を提唱しているという。
住宅建設の落ち込みと新築分譲上限制の2つが過熱の理由だと思うが、どちらも本来の経済成長とはかけ離れている。
韓国不動産市場は来年にもおかしなことになるかもしれない。

今回は発言の主がどこぞの雑誌メディアの取材を受けた日本の専門家ではなく、当事者に近い立場の韓国金融委員会の委員長というのが特に注目される点だ。
確かに泡はいつかははじけるものだ。
だが政治的な意図によってその泡をさらに膨らませることだってある。
つまり不動産バブルを崩壊させるかどうかを決めるのは政府なんだよ。
それが意図したものかどうかはともかく、文在寅政権がその引き金を引く可能性があるってわけ。
韓国の不動産については明確に金融委員会が”バブル”の単語を出した。
つまりこれからはじけさせる意向があることを示唆したわけ。

韓国株KOSPIが暴落、やばすぎる”あの件”がついに炸裂か

11月30日:韓国のハンファケミカルのサムライ債200億円分が満期を迎える

11月29日、11月最後の平日に突然暴落が始まったんだ。
2,100はおろか2,090も割り込んでしまった。
今日は土曜だから事実上昨日が最後だったわけだ。
ハンファケミカルが返済に失敗している可能性が高いとみている。

GSOMIA騒動のウラで、韓国経済がいよいよ「ヤバく」なってきた

韓国企業の「韓国離れ」が始まった

韓国の文在寅政権が、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を失効直前の11月22日に維持すると決定したことで、今夏から続いていたGSOMIA騒動がようやく落ち着きを見せた。これをもって日韓関係も修復へ向かっていくと期待する声も一部からあがっているものの、事はそう単純ではない。

GSOMIA騒動のウラで、じつは文在寅政権が頭を悩ませている韓国経済の状況は悪化するばかり。韓国国民から「経済失策」を批判する声をかわすべく、文在寅政権がむしろ対日強硬策を強める可能性が高まっているのだ。

実際、韓国経済の状況はひどいものだ。

まず韓国のGDPの約4割を占める輸出だが、悪化に歯止めがかからない状況になってきた。

韓国政府が発表した最新の統計によれば、10月の韓国の輸出金額は前年比約15%減という惨憺たるもの。じつに11ヵ月連続の減少であるうえ、落ち込み幅は約4年ぶりという急落ぶりなのである。

「韓国の輸出品目は半導体が中心で、米中貿易戦争の直撃を受けている側面もあるが、じつはそれだけではない。文在寅政権の経済政策が迷走する中で、韓国企業みずからが政府に振り回されることを嫌って国外脱出する動きが出始めている影響も少なくない」(アナリスト)

実際、製造業を中心にして生産拠点や開発拠点をベトナムなどの東南アジアに移す動きは活発になっており、こうした韓国企業の「韓国離れ」が輸出低迷にジワリと効き始めているわけだ。

韓国経済が「デフレ懸念」が急浮上

んな輸出不振に追い打ちをかけるように、消費も振るわない。

特にいま懸念されているのが韓国経済の「デフレ化」懸念である。

実際、今年に入ってからの物価上昇率は「0%台」の低水準が続いており、8月には史上初めてマイナスに転落したばかりだ。韓国の中央銀行・韓国銀行も物価上昇をさせるべく利下げを断行したばかりだが、物価は一向に浮上してこない。

「韓国政府は原油価格下落の影響で物価下落は一時的なものだと説明しているが、それは原因の一部でしかない。大きいのは消費者心理の悪化であり、韓国経済の将来性を不安視している消費者が財布の紐をきつく縛り始めている現実がある」(前出・アナリスト)

最悪の場合、このままいけば「消費不振→製造不振→雇用悪化→消費不振→…」というデフレスパイラルに突入する危険度が高まっている形であり、予断を許さない状況といえる。

こうした事態を受けて、株式市場、為替市場では「セル・コリア(韓国売り)」の動きが加速しているのは見逃せない。

韓国株式市場では総合株価指数(KOSPI)が下落し、11月21日には節目である2100を割り込む事態が勃発している。

投資家「逃げなきゃ(爆売り」韓国「何が起きた!」日本「各国の金融機関に韓国と韓国企業の格下げリークされる!」米国「ニコッ」

【ウォン売りの大統領】

寒い冬、文材寅と言う
大統領が市場でウォンを売っていました。
「ウォン、ウォンは要りませんか?」
 しかし、誰もウォンを買ってくれません。
「寒い…」
 雪が降り出し、文材寅は震えました。
寒くなった文材寅は暖を取るため
ウォン札を1枚燃やしました。すると、炎の中に
アメリカを抜いて世界経済を支配する韓国が現れるました。
ただ、ウォン札が燃え尽きるとその幻想が消えてしまいました。
1,179.72 +1.63 +0.14%
文材寅はまたウォン札を燃やしました。
次々とウォン札を燃やしていくと、
ついに最後の一枚になりました。
そこで文材寅は燃えたウォン札の灰を集め、
真冬のアメリカの桜並木でその灰を撒きました。
『枯れ木に花を咲かせましょう!』
その途端、丸坊主だった桜並木は、
一気に満開になりました。
それを見た寅ンプ大統領は大変喜び、
在韓米軍の駐在費をなくし、韓国企業を優遇し、
不平等な税率がすべて韓国有利となり、
日本に韓国の言い分をすべて認めさせ、
韓国は日本を吸収するまでになりました。

翌朝、最後のウォン札を焼き尽くし冷たくなった
文材寅の死体が見つかったとのことです。

韓国政府「日本さん今までごめんなさい。輸出規制を解除して頂かないと国が持ちません… 安倍さんお願いします」⇒ 日本「自主開発出来たんだろ」

韓日当局間の対話 「輸出規制撤回につながるよう努力」=韓国政府

韓国政府は28日、洪楠基経済副首相兼企画財政部長官の主宰で、日本による対韓輸出規制強化への対応を話し合う関係閣僚会議を開いた。企画財政部によると、会議では韓日の輸出管理当局による対話を行うと先ごろ発表したことに関し、対話が輸出規制措置の撤回につながるよう努力すべきだとの認識で一致したという。

日本政府は7月上旬、半導体・ディスプレー材料3品目の韓国向け輸出規制を強化した。輸出規制問題はこの5カ月近く、韓国経済の不確実要因となっており、韓国政府は速やかな解決が重要だと判断している。

三年分全部報告出来れば完了後1ヵ月後に問題はなくなる
まぁ世界を震撼させるスキャンダルをゲロする事になるから国が残るのかすら怪しいがW
こんだけ日本に甘え続けてるくせによくもまあ自尊心がどうのこうのと言えるもんだ

1