1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼大阪の少女が行方不明になっていた事件

11月17日から行方不明になっていた大阪府内の女児が、栃木県内で6日ぶりに無事保護された。

大阪府警は11月23日に小山市の伊藤仁士容疑者(35)を未成年者誘拐の疑いで逮捕した。

この事件で、女の子が伊藤容疑者とやり取りをしていたSNSはツイッターだったことが、捜査関係者への取材でわかりました。

一方、伊藤容疑者の自宅からは茨城県の少女(15)も一緒に保護されました。

▼また別の日には・・・

ツイッター上に“家出したい”と投稿した女子中学生を誘拐した疑いで、埼玉県の不動産業の男が逮捕された事件。

兵庫県の女子中学生をおよそ2か月にわたり、自身が管理する借家に住まわせ、誘拐。

「誘拐したつもりはない」と容疑を否認したうえで「ツイッターで、女の子からの家出をめぐる相談に乗り、助けようと思っただけ」と話しています。

▼近年SNSへの書き込みが事件のきっかけになる事が多い

警察庁のまとめでは、SNSを利用して犯罪被害にあった18歳未満の子どもの数は、4年連続で「過去最高」を更新。

警察庁少年課の調査「平成30年におけるSNSに起因する被害児童の現状」によると、SNSが原因で事件に巻き込まれた18歳未満の男女は、2018年は1811人、そのうち小学生は55人だった。

罪種別にみると、児童買春・ポルノ禁止法違反が944人、淫行などの青少年保護育成条例違反が749人。略取誘拐も42件あった。

ツイッターなどの会員制交流サイト(SNS)を通じ、性犯罪などの被害に遭った道内の未成年者が今年は10月末で過去最多を更新していることが分かった。

▼その中でも1番被害が多いのが

そしてその結果・・・

小学生の約3割、中学生では約6割がスマートフォンを持つ時代である。普及が進み、親の目の届かないところで見知らぬ大人と接点を持つ機会も広がっているようだ。

「めざましテレビ」が、小学生から高校生に「SNSを使って知らない人に会ってもいいと思うか」と尋ねたところ、35人中ほぼ半数の17人が「会ってもいいと思う」という回答だった。

▼実際にこんな書き込みが話題に

1 2