1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

普段見かけるのは緑のエプロン・・・

スターバックスの店員こと「パートナー」。普段私たちがお店で見かけるパートナー達はスターバックスのロゴとお揃いの緑色のエプロンを着用しています。

店内をよく見ると。。

黒色のエプロンも存在するんです!

ほとんどの店員さんは、緑色のエプロンをつけています。しかし、中には黒色の、”ブラックエプロン”をつけている人もいるのです。

”ブラックエプロン”とは、スターバックスで選ばれた人しかつけることができないエプロンのこと。

スターバックスコーヒーの社内試験に合格できた人が唯一つけられるんです◎

どうやったらなれる?

まずは働いている店舗で「コーヒーマスター」として認定を受け、その後さらに認定された「コーヒーマスター」を対象に1年に1度しか開催されない社内試験を受け、合格するとブラックエプロンを着用できます。とても長い道のりですね。

司法試験の合格率が34%であることを考えると、その難しさもよくわかりますよね。認定されるまでには、コーヒー豆の知識から、抽出器具の知識まで、幅広く問われます。

自分にあったコーヒーをおすすめしてくれる♪

ブラックエプロンバリスタは多くのことを勉強しているので、より多くの豊富な専門知識を持っています。

一人一人に合ったドリンクを薦めてくれたり、オーダーされたコーヒーにあった食べ物の提案をしてくれたりするので、行きつけのスタバにブラックエプロンの店員さんがいたら、ぜひ声をかけてみてください♪

いつも行列...!?

全員「黒エプロン」の店舗も存在します。

スターバックスの中でも数少ないブラックエプロンバリスタですが、そんなブラックエプロンしかいない店舗が実はあります!

この店舗のバリスタは全員ブラックエプロンなので、コーヒーについてわからないことや聞きたいことがあればどんどん聞いてしまいましょう。普通のバリスタではわからないような深い情報まで教えてくれるはずです。

スタバには緑のエプロンと黒のエプロンをつけた2種類の店員がいる。スタバの中でもコーヒーの専門知識を身につけた精鋭部隊だけが着ることを許されたブラックエプロン。そんなブラックエプロンの店員さんしかいないスタバが新宿・マルイ本館2階にあるって知ってた? #勝手にスタバ検定 pic.twitter.com/mS5KxvMxCX

さらにその上に「茶色エプロン」が!?

しかし、称号はこれだけではありません。「ブラックエプロン」よりもすごい「茶色いエプロン」が存在します。

それは、毎年1回行われる「アンバサダーカップ」で3万人の中から1人選ばれる、頂点の証なのです。

1 2