1. まとめトップ
  2. カラダ

この記事は私がまとめました

Ohyukinaさん

ヒートショックとは・・・

「ヒートショック」とは暖かい部屋から寒い部屋への移動など、温度の急な変化が体に与えるショックのことです。

重篤な疾病リスクがあり、軽い失神だったとしても滑って頭を打つなど、大変な危険が伴います。

冬場、寒い脱衣所で服を脱いで裸になり、冷え切った浴室に入ると血管がびっくりして縮み、血圧が急激に上がります。

その状態で熱いお湯に浸かれば、さらに血圧が急上昇。しかし体が温まることで血管は広がりだし、今度は逆に血圧が下がってしまいます。

若い人も消して安心できません!

「ヒートショックは老人に起こるものだと思っていた」と思う人も多いかもしれません。

しかし、ヒートショックが発生する年齢の中央値が高齢者というだけのことであり、子どもであっても、若い成人であっても起こる可能性は全くないわけではありません。

最近では高齢者だけでなく、寒暖差にあまり慣れていない若者にも、ヒートショックは起きております。

肥満気味の方や高血圧・動脈硬化を患っている方は、ヒートショックの影響を受けやすいことが考えられます。

忘年会、新年会、歓迎会など、お酒をたくさん飲んでしまったら、明日に残らないようにお風呂に入ってからぐっすり寝たいと思いますよね。

アルコールを飲むと、アルコールの代謝生産物のアセトアルデヒドの血中濃度が増え、血管が拡張し血圧が下がります。

つまり、飲酒によって普段よりも血圧が下がることで、入浴による血圧のアップダウンの変化の幅がより大きくなるのです。

お風呂でのウトウトは失神をしているのかも!?

しかし、ちょっと待った! お風呂で寝ることは、なんと失神や気絶をしている可能性があるのです。

熱いお湯に浸かると血圧が一気に上がり、そして数分後には急降下します。その時血圧が下がりすぎると、意識障害を起こしたり失神する場合もあります。

お風呂につかっていて意識を失い、そのまま死に至るケースが多いそうで、「気持ちよく、スーッと意識が失われてしまう」ため、症状が現れたときにはすでに自分で助けを呼べない状態になるのだそうです。

ヒートショックを起こさないための予防法

服を脱ぎ肌が露出する脱衣所と浴室の室温をコントロールし温度差を減らすことで、身体への負担が軽減します。

1 2