1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

2019年3月に発売された赤ちゃん専用「液体ミルク」

液体ミルクは、2016年に発生した熊本地震の際、フィンランドから支援物資として贈られたことがきっかけで注目されたが、日本では液体ミルクに関するはっきりした規格がなく、長く製造・販売ができない状態が続いていた。

しかし、国内での販売を求める声の高まりにより、2019年3月より国内での製造・販売が開始されていた。

液体ミルクのメリットって?

お湯や⽔に溶かすことなく、哺乳瓶に移し替えればそのまま⾚ちゃんに与えられるのが特徴で、常温保存が可能なため、外出時の持ち運びやストックとしても便利な製品といえます。

2018年8⽉8⽇に⾷品衛⽣法の『乳等省令』、健康増進法の『特別⽤途⾷品制度』において、液体ミルクに関する基準が定められ、⽇本で乳児⽤液体ミルクの製造・販売が解禁される運びとなりました。

逆にデメリットは?

値段はちょっぴりお高め

「アイクレオ 赤ちゃんミルク 125ml×12本入り」。希望小売価格は2,592円(税込)。1本からでも販売しており、こちらは216円(税込)です

調製粉乳の「明治ほほえみ」と同等の栄養設計としている。缶をよく振ってふたを開け、容器に移し替えて使う方法。スチール缶入り240ml、税抜き215円。

そんな液体ミルク専用の乳首がついに発売!!

【便利】「紙パック専用乳首」発売、液体ミルクを直接乳児に news.livedoor.com/article/detail… パックに直接つけられるため、哺乳びんに移し替えずに飲ませることができるというもの。育児の負担軽減が期待されている。 pic.twitter.com/UGMUlqL4qc

赤ちゃん用の液体ミルクの紙パックに取り付けて、そのまま飲ませることができる専用の飲み口が開発され、液体ミルクの普及につながると期待されています。

哺乳瓶に移し替えることなく、液体ミルクの紙パックに取り付けるだけで、赤ちゃんに飲ませることができる専用の飲み口が開発され、29日から販売が始まりました。

専用の飲み口はシリコン製で、哺乳瓶の飲み口と同じような形に作られ、紙パックの角の部分に固定できるようになっています。

缶タイプの液体ミルクに「哺乳瓶用乳首が取り付けられるアタッチメント」が続々と登場

液体ミルクはどこで売ってるの?

今年3月11日に発売され今後はドラッグストアなどで買えるようになっていきます。

液体ミルク専用乳首発売にネットでは?

1 2