1. まとめトップ

【ポケモン都市伝説】ミミッキュの正体はポリゴンじゃない!実は〇〇だった

ミミッキュの中身を考察しました。多くの人はポリゴンと言ってますが、まったく違います。記事ジャンル【ポケモンソードシールド、ポケモン剣盾、おすすめ】

更新日: 2019年12月01日

1 お気に入り 6697 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

掲示板で話題になったので、まとめました。

baseraさん

はじめに…

タイプ:ゴースト・フェアリー

種族値
HP 55 
攻撃 90
防御 80 
特攻 50 
特防 105 
素早さ 96 

特性ばけのかわ
【1度だけ相手の攻撃を防ぐ。ただし最大HPの1/8だけダメージを受ける】

本体が布に隠れてしまうほど小さなポケモン。図鑑の高さが本体の高さとして、全体が擬態しているピカチュウほどの大きさ (0.4m) とすれば、本体の高さは全体の半分ほどとなる。体の部分に空いた2つの穴から黒い目を覗かせている。

出典ポケモンWIKI

ピカチュウに化けていたことをばらした奴は、容赦しない。刺し違えても必ず倒す。

お前絶対フェアリータイプじゃねーだろ

ゴルゴ13みたいなヤツだな

物騒でも可愛いよミミッキュ

出典https://togetter.com/li/1433526

中身を見ると

中を覗くと病に見舞われるらしく、アローラではミミッキュの中を見るのは禁則事項とされている。

図鑑説明によると中を見た学者がショック死したらしいが、死因が本当に謎の病やショック死なのかは定かではない。

出典ニコニコ大百科

正体は謎に包まれており、中身を見ようとしたニャースは危うく昇天しかけた。

出典ニコニコ大百科

ポリゴン説が出た理由

初代のポケモンアニメでは、「でんのうせんしポリゴン」の回で放送事故がありました。

 その事故内容は、ピカチュウの電気技の演出で画面が激しく点滅したことが最終的な原因となり、テレビを見ていた全国の何人ものキッズが倒れたというものです

ピカチュウが原因なのに

ピカチュウを守ろうとしたポケモン側の意図的な戦略なのか、この放送回が「でんのうせんしポリゴン」というタイトルだったので自然とそう思われたのかは謎ですが、この事件は「ポリゴンショック」とも言われ、以降、ポリゴンがアニメに登場することがなくなりました。

 「ポリゴン回」ではあったものの、直接の原因はピカチュウなのに、ポリゴンは20年間、日の目を見ることがない状態です。

 そんなポリゴンならば、「最大の憎しみ」を表した状態がピカチュウ似というのも分かる気がします。

出典ポケモンメモ

ミミッキュの正体はポリゴンじゃない!

そもそもタイプが違う。ポリゴンはかげうちを覚えない。

明らかに、大きさが違っています。ポリゴンが0.8mに対して、ミミッキュの大きさは0.2mしかありません。

出典https://originalnews.nico/212514

ミミッキュの正体は

ゴーストポケモンの一種で、暗い場所を好む。布を被ってるのは、日光を避けるため。

ミミッキュの飼い方
・暗い部屋を用意する
・中身を見てはいけない
・布が破れたら縫ってあげる

ミミッキュは日光を浴びると体調を崩してしまうため、暗い場所を好む。布をかぶっているのは、日光を避けるためともいわれている。

出典公式サイト

この布は浴びると体調を崩してしまう程苦手な日光を防ぐ効果があり、布が破れた場合は中身の本体が夜なべで繕うらしい。

出典ピクシブ百科事典

本当は

この布を被るもう一つの理由として、人間と仲良くなりたいという願いからというものがある。

自らの不気味な姿や生態から周囲に避けられていたミミッキュは、(リアル)20年前に流行したピカチュウグッズを見て、「ピカチュウに化ければ人間と仲良くなれるのでは」と考え、このような擬態を行うようになったという。

出典ピクシブ百科事典

オニオンの最初の友達は

ジムリーダー「オニオン」は昔、事故にあった。その時、生死をさまよい、ゴーストポケモンが見えるようになった。

最初に見えたポケモンがミミッキュ。オニオンはミミッキュと出会い、友達になった。

リーグカードによると、4歳の頃に事故で生死を彷徨ってから、死んだゴーストタイプのポケモンも視えるようになったとインタビューで答えたようだが、本当かどうかは謎であるという。

出典ピクシブ百科事典

オニオンの中身見ても平気ならミミッキュの中身だって見ても死なないやろ(??)

オニオンくんの仮面の下を無理矢理見るのはミミッキュのばけのかわの下を覗き見るのと同義

1 2